豊胸後のダウンタイムって何!?症状と対策まとめ【体験者の声あり】

豊胸後には”ダウンタイム”って症状が起こるらしい・・・

バストアップは女性の大きな願望の一つです。

理想のバストを目指したい女性にとって、わずか数時間で理想のバストを手に入れることが出来る豊胸手術は、まさに夢の様な手術でしょう。

ですが、全く苦労がないというわけではありません

豊胸手術のあとには「ダウンタイム」がやってくるのです。

「ダウンタイム」とは何なのか、どれくらいつらいのか、そしてその対処方法について、一緒に見ていきましょう。

あらかじめしっかりと知っておけば怖いことではないんですよ。

 

 

高須クリニック シリコンプロテーゼ豊胸手術術後1週間の経過 腫れ、痛み、内出血、抜糸、ダウンタイムについて

豊胸手術1週間後の映像です。大きな腫れはなく、内出血も無く経過しています。痛みは少しあるようです。

 

 

高須クリニック シリコンプロテーゼ豊胸手術術後2週間の経過 腫れ、痛み、内出血、抜糸、ダウンタイムについて

豊胸手術2週間後の映像です。むくみは少しありますが、腫れや痛みはほとんどありません。強い刺激による痛みは発生します。

 

 

高須クリニック シリコンプロテーゼ豊胸手術術後1ヶ月の経過 腫れ、痛み、内出血、抜糸、ダウンタイムについて

豊胸手術1ヶ月後の映像です。超音波マッサージはこの日で終了。痛みも殆どありません。気になる脇の下の切開跡もチェックしています。

特別大きな問題はなく、通院はこれで終了です。

 

高須クリニック シリコンプロテーゼ豊胸手術術後3ヶ月の経過 腫れ、痛み、内出血、抜糸、ダウンタイムについて

豊胸手術3ヶ月後の映像です。大きな腫れはもうありません。感触も柔らかく、寄せるときちんと谷間が出来ます。

 

高須クリニック シリコンプロテーゼ豊胸手術術後6ヶ月の経過 腫れ、痛み、内出血、抜糸、ダウンタイムについて

豊胸手術6ヶ月後の映像です。

ほとんど腫れは引いて、柔らかく自然な形でバストが完成しています。乳腺下と大胸筋下の手術の違いについても解説しています。

 

こうやって実際に豊胸手術後の胸の様子、医師の意見を知ることが出来るのは、同じような手術を計画している人にとっては非常に安心ですよね。

手術後の胸の柔らかさや動きについて、そして脇の傷跡がどうなっているのかもチェック出来ますので、一度映像を見てみることをおすすめします。

 

>>豊胸手術は完成まで痛みを伴いながら約6か月…

エンジェルアップなら…?

吸収率の高い「発酵プエラリア」配合だから、安心安全により早く効果を実感できるかも!

豊胸手術の方法とダウンタイムの関係!

豊胸手術の方法と、ダウンタイムには大きな関連性があります。

それぞれの手術の方法と、ダウンタイムについて知っておきましょう。

 

豊胸バッグ挿入法

豊胸バッグ挿入法には、乳腺下法と大胸筋下法の二種類あります。

痛みは、乳腺下で強い痛みが1~2日、その後軽い痛みが1週間続きます。大胸筋下での強い痛みは3~4日。痛みが完治するまで7日~10日かかります。

内出血や腫れは1週間くらいで、抜糸も一週間後に行う事がほとんどです。

一度手術を行えば、半永久的に効果が持続しますが、一番痛みが出やすい手術法とも言われているので、ダウンタイムの為の時間をしっかり確保することが大事になります。

挿入するバッグによって、マッサージが必要な場合と不要な場合がありますので、術前にしっかり説明を受けておきましょう。

 

脂肪注入法

脂肪注入法による強い痛みは術後1~2日。通常の痛みが完治するまで4~5日かかります。

内出血、腫れは1週間くらいで治るでしょう。

脂肪注入法の場合、注入する胸だけではなく、脂肪を吸引する足や腹の部分にも負担がかかりますので注意してください。

痛みはシリコンバッグよりも軽いと言われていますが、最低3日間のダウンタイム用のお休みが必要です。

術後一週間程度で、抜糸をする必要があります。

注入した脂肪は徐々に減り、半分の量になるのが普通です。

 

ヒアルロン酸注入法

注入したヒアルロン酸は、時間が経つにつれて少しづつ身体に吸収されてしまいますが、他の方法に比べるとダウンタイムが非常に短い事が特徴です。

酷い痛みは無く、人によっては次の日から仕事が出来ることも。

2~3日間、筋肉痛のような痛みが出ますが、動けなくなるほどの激しい痛みではありません。

また、傷口が小さく、術後の跡が分かりにくいのもメリットです。

悩みは様々

 

>>豊胸手術と言っても色々あるんですね!

でも、費用や副作用、メンテナンス…後々も大変そう…

そう思った貴女にはこのサプリがオススメです↓

エンジェルアップはモンドセレクション2年連続銀賞の優良サプリです。

 

豊胸後のダウンタイムを短くする術を知ろう

ダウンタイムを短くし、出来るだけ早く日常生活に戻る為にはどうしたら良いでしょうか?

術後気をつけるべきポイントについてまとめてみました。

 

しっかりと冷やしておくことが大事

術後の患部を冷やす事で、腫れを引かせて脂肪細胞の定着を促す効果があると言われています。

ただし、冷やし過ぎは血流を悪くしてしまいます。

冷やしすぎてバストの血流が悪くなると、組織の定着率が悪くなってしまい、せっかく行った手術によるバストアップ効果が落ちてしまいます。

冷やし過ぎも、圧迫のしすぎも良くないのです。

氷は使わずに、熱さましの冷却シートや水で濡らしたタオルで優しく対応するようにしましょう。

術後の冷却についは、医師によって考え方が異なる事もあります。

どのくらい冷やしたら良いのか、担当医に確認しておくと良いですね。

 

 飲酒・喫煙はNG

術後のアルコールはむくみの原因になります。術後1週間は飲酒を避けた方が良いでしょう。

タバコは、身体の細い血管を狭くしてしまいます。

血管が細くなると、血液の流れが悪くなりますので、挿入したシリコンバッグや注入した脂肪の定着が悪くなってしまいます。

特に、脂肪注入の場合は、注入された脂肪に血管が出来て、栄養と酸素をもらえるようにならないといけません。

できれば、術後3ヶ月は禁煙すると、定着率がかなり上がります。

脂肪注入以外の場合でも、術後しばらくは禁酒と禁煙を心がけましょう

 

 入浴もしばらくシャワーで我慢

湯船で身体を温めると、かえって腫れが治りにくくなったり、むくみが酷くなることがあります。

術後約1週間は湯船に入らず、シャワーで軽く身体を流す程度にしましょう。

また、脇や胸の傷はなるべく濡らさないようにすると良いですね。

脂肪注入をした人は、脂肪吸引した部分にも注意してください。

ヒアルロン酸注入の場合も、傷の部分はなるべく濡らさないようにしましょう。

シャワーはNG

 

 

ダウンタイムのない豊胸手術、あるんです!!

バストを大きくしたいけれど、痛みや傷跡、腫れは心配ですよね。

しばらく安静にしなければならないのも大変です。

もしもダウンタイムの無い豊胸手術があったら、素敵だなと思いませんか?

ダウンタイムには個人差がありますし、術後の症状が全くないという豊胸手術は残念ながらありません。

ですが、ダウンタイムをほぼゼロ、もしくは非常に少なくする手術を選択することは可能なんですよ。

シリコンバッグ挿入、脂肪注入、ヒアルロン酸注入であれば、ヒアルロン酸注入が一番ダウンタイムが少なく、身体への負担も小さい手術法です。

ほぼ2~3日で手術前と同じ生活に戻ることができますよ。

注射の跡も小さいので、1~2週間で目立たなくなります。

ヒアルロン酸注入が出来るクリニックは沢山ありますが、例えば品川美容外科や、湘南美容外科などで手術を受ける事が出来ますよ。

 

品川美容外科

http://www.shinagawa.com/bust/venus/

湘南美容外科

http://www.s-b-c.net/contents/breast_3_3.html

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はダウンタイムが短くすみます

 

少しの辛抱で大きく膨らむ未来がある

どんな手術でも、痛み、腫れなどのダウンタイムはあります。

不安はあると思いますが、事前にしっかりと手術のリスクについて調べておくことで、

安心して対応出来るようになりますよ。

一定期間の辛さを耐えれば、待っているのは大きなバストと明るい未来だけです!

 

バストアップで未来明るい

やっぱり手術には抵抗がある貴女へ

豊胸手術に対して、抵抗がある女性は当然少なくないと思います。

費用面であったり、リスクや副作用であったり、その理由はそれぞれ。

でも、バストアップはしたい!そんな貴女へ知ってほしいのが

9つもの美ボディ成分を配合した、女性のためのサプリ「エンジェルアップ」です。

なりたい理想のボディ作りを優しくサポートしてくれますよ。

詳しくはこちらから↓