豊胸すると脇の下の傷跡が目立つ?!傷跡を残さない&目立たなくする方法まとめ

豊胸の傷残りが心配…そんな不安、解消します!

 

豊胸手術は気になるけど、手術の傷跡が残らないか心配でなかなか決めきれない…!という方も多いのではないでしょうか。

確かに、豊胸手術を行った後に、脇の下やバストにどの程度傷跡が残るのかはとても大きな疑問ですよね。

今回はそんな不安を解消すべく、豊胸手術の傷跡について詳しくまとめてみました。

 

まずは豊胸手術の<種類>をおさらい

 

一口に豊胸手術といっても、様々な種類があるのをご存知でしょうか。

ここでは、改めて豊胸手術にはどのような種類のものがあるのか、簡単におさらいしてみたいと思います。

 

1)ヒアルロン酸を注入する豊胸

近年、豊胸手術がとても身近なものになった理由の1つが、このヒアルロン酸注射による豊胸術の普及といえるでしょう。

ヒアルロン酸は化粧品などにも多く用いられる成分ですが、これをバストに直接注射することでボリュームアップをする方法です。

こちらは、他の豊胸術と比較しても安価であることや、手術のダウンタイムが少なく、リスクが少ないことから人気を集めています。

注射なので、ほとんど傷跡が目立たないのが特徴です。

ただしデメリットとしては、ヒアルロン酸が1〜2年程度で体内に吸収されてしまうことが挙げられます。

 

2) 脂肪注入による豊胸

安価な豊胸術として、ヒアルロン酸と同様に人気を集めているのが、脂肪注入による豊胸です。

脂肪注入による豊胸の特徴は、自身の脂肪が気になる部位から脂肪を採取しバストに注入するということです。

そのため、たるみなどが気になる部位はシェイプアップさせながら、バストのボリューム感もアップさせられると人気を集めています。

こちらも注射によってバストに脂肪分を注入するという施術のため、傷跡が目立たないのもうれしいポイントの1つです。

ただし、ヒアルロン酸と同様に、脂肪分が体内に吸収されてしまうというデメリットがあります。

 

 3)シリコンバッグ挿入する豊胸

最後にご紹介する豊胸術は、シリコンバッグ挿入による豊胸です。

豊胸と聞くと、こちらの豊胸手術をイメージする方が多いのではないでしょうか。

いままでご紹介した豊胸術と比較して、体内に吸収される心配がないため手術によって得たバストが長く続くというメリットが特徴です。

旧来のシリコンバッグ豊胸では、触れたときの感触や耐久性、安全性の低さなどから敬遠する方も多かったのですが、近年では手術方法やバッグの技術革新により、より安全で耐久性があり、感触も自然になりました。

ただし、手術の際にシリコンバッグをバストに入れるため、先にご紹介した手術と比較して傷跡が大きいというデメリットがあります。

 

 

メスを使うのは<シリコンバッグ挿入法>のみ

 

ここまで、代表的な豊胸手術を3つご紹介してきましたが、いかがでしたか?

意外にも、メスを使った切開を伴うのはシリコンバッグ豊胸のみで、他は注射という手軽なものということがわかりました。

シリコンバッグ豊胸の場合には、脇の下を切開するため傷跡が残る心配は確かにあります。

しかし、誤解して欲しくないのは、必ずしも傷跡が残るという訳ではないということです。

また、近年の豊胸手術ではその技術が大きく向上し、旧来の手術と比較して脇の下の傷跡もとても小さく、目立ちにくくなりました。

シリコンバッグ豊胸以外にご紹介した、ヒアルロン酸注入や脂肪注入による豊胸では、注射のみで傷跡はほとんど残りません。

もちろんどの方法も手術である以上、脇の下やバストに傷跡が残るリスクはゼロではありませんから、注意が必要です。

 

豊胸による脇の下の傷跡を【残さない方法】

 

豊胸手術で何より避けたいのは、脇の下やバストの傷跡が目立つことですよね。

せっかく人に知られたくないことなのに、傷跡が目立つようでは意味がありません。

そこで、ここからは脇の下やバストの豊胸手術の傷跡を目立ちにくくするポイントをご紹介したいと思います。

 

1)治りかけの傷口を触らないようにする

何より重要なのは、脇の下やバストの治りかけの傷跡に触らないようにすることです。

傷口では、早くキレイに塞げるように、懸命な修復作業が進められています。

このとき、バストや脇の下にできた傷を早く修復するための組織液が滲み出ていることもあります。

不用意に脇の下やバストの傷口に触れることで、組織の正常な修復作業を妨げてしまうことや、正常な細胞にもダメージを加えてしまう可能性があります。

また、何より避けたいのが傷口の細菌感染です。

傷口は細菌が増殖しやすい環境です。

さらには、私たちの手には知らず知らずのうちに雑菌が付着していることが多くあるのです。

傷口をよりキレイに直すためにも、気にはなりますが傷口には触れないようにすることが大切です。

 

2)信頼出来る医師・クリニックで手術を行なう

脇の下やバストの傷口をより小さく、目立ちにくくするためには、腕のいい医師を選ぶことが重要です。

特にメスでできる傷跡は、小さければ小さいほどキレイに治る可能性が高まります。

だからこそ、小さな傷口からでもバッグを挿入できる技術が高いか、また医療機器が充実しているかどうかは注目すべきポイントなのです。

その点、大手のクリニックは、美容外科の競争の激しい時代にあっても、安定的に資金をかけて最新の医療機器を導入することができますし、腕の良い医師を確保することができているといえます。

まずは、豊胸手術の前にクリニックや医師が信頼に足るものかしっかりと吟味することが重要ですね。

 

3)切開部分の変更を検討してみる

シリコンバッグの豊胸手術の場合、バッグを挿入する都合上、脇の下やバストの切開は避けられません。

脇の下の切開を伴う以上、傷跡ができてしまう可能性があるのですが、切開する部分を変更することで傷跡が残りにくくすることも可能なようです。

特に、最近注目されているのが、ケラーファンネルという器具を使った手術です。

従来のシリコンバッグ豊胸の場合、医師が直接脇の下やアンダーバストを切開し胸の中にバッグを入れていくため、切開する範囲がやや広く目立ちやすいという問題がありました。

しかし、ケラーファンネルという器具を使えば、切開範囲はかなり限定することができ、小さく目立ちにくい傷跡でもシリコンバッグを挿入することができるようになったのです。

脇の下にできる切開部分を小さく、目立ちにくくしたいという方には、特におすすめです。

 

脇の下の傷跡を【目立たなくする方法】

 

ここまで、脇の下にできる豊胸術の傷跡をできにくくする方法についてご紹介してきました。

しかし、手術である以上、脇の下やバストに傷跡ができてしまう可能性はゼロではありません。

ここからは万一脇の下に傷跡ができてしまったときでも、目立ちにくくする方法についてまとめてみました。

 

1)傷が盛り上がっている場合

脇の下にできた盛り上がった傷跡を目立ちにくくするためには、ステロイド注射が効果的だと言われています。

このような盛り上がったタイプの傷跡は目立ちますから、何とかしたいですよね。

そこで、盛り上がりが気になる部位にステロイド注射を行うことで、皮膚の過剰反応を抑えてぷくっとした盛り上がり部位を抑える働きが期待できます。

こちらの注射は、ひと月に1回程度行われることが多いようですね。

盛り上がった傷に悩んでいる方は、市販の傷跡消しを試すよりもまず病院を受診して相談してみることをおすすめします。

 

 2)傷に凹凸がある場合

脇の下の傷跡に凹凸がある場合には、レーザーによる治療を検討してみてはいかがでしょうか。

特に凹凸をキレイにしてくれるフラクショナルレーザーというものが近年注目されています。

フラクショナルレーザーは、これまでニキビ跡の治療に用いられてきましたが、近年は傷跡を目立ちにくくする方法としても用いられるようになりました。

フラクショナルレーザーとは、皮膚に微細な穴を開け表皮の凹凸を目立ちにくくするものです。

この方法ならば、脇の下やバストにできた傷も目立ちにくくすることができます。

こちらの治療方法も、先程の注射と同様に1カ月に1回程度のペースで治療を行います。

 

 3)傷口が赤みを帯びている場合

基本的に、傷跡を目立たなくするために傷跡の上にメイクをするなどして刺激をすることは、色素の沈着を招きより回復を遅くしてしまいます。

そのため、出来る限り傷跡の残った脇の下やバストには触れないことが一番と言えます。

特に赤みの場合は半年から1年もあれば自然と赤みが引くケースが多いようですから、あまり気にしないほうが良さそうです。

近年は、赤みや傷跡を消すアットノンに代表されるような傷跡消しが販売され人気を集めています。

劇的な効果ではないようですが、継続して使用することで目立ちにくくなったり、回復が早くなる効果は期待できるようです。

脇の下の傷跡の赤みに悩んだら、市販薬を試してみるのもいいかもしれませんね。

 

豊胸の傷跡問題は“クリニック選び”で解決

 

ここまで、豊胸によって脇の下やバストにできた傷跡をつくらない・目立ちにくくする方法についてご紹介してきました。

しかし、脇の下やバストに傷跡をつくらない、目立ちにくくするための第一の方法は、私たちがとれる方法ではありません。

言い換えれば、いかに手術時の切開範囲を狭くし、確実に縫合するかという医師のテクニックによる部分が大きいということです。

豊胸手術の傷が残るかどうかは、手術方法も去ることながら、それ以上にクリニックや医師の技術によって大きく変わってきます。

そこで私たちができることはただ一つ、信頼できる医師を選ぶということに他ならないのです。

 

クリニック選びの【ポイント】

 

豊胸手術による脇の下やバストの傷跡をつくらない、もしくは小さく目立ちにくくするためには、技術や設備が備わったクリニックや医師を選ぶ必要があることがわかりました。

その際、自然で豊かな理想のバストを手に入れるために、失敗しないクリニックや医師を選ぶポイントとして注目していただきたいポイントがあります。

それは、

  1. カウンセリングの内容や実績が信頼できるものか
  2. リスクや後遺症・費用についての説明は十分か
  3. クリニックの実績や口コミの評価はどうか

という点について、しっかり確認するということです。

クリニックに足を運び、医師に会うことで直接判断することも大切ですが、ネットの口コミのチェックも欠かせません。

ぜひ、これらの項目をチェックして、本当に信頼し満足のいく手術ができるクリニック、医師を探してみてくださいね。

 

ちなみに、今すぐ豊胸手術を始めたい方にマシュマロでおすすめするのは、聖心美容外科クリニックです。

20年という伝統と、多くの症例数・手術実績がありますので、公式サイトを見てみてくださいね。

 

 

傷跡のケアが万全なのは<聖心美容クリニック>

 

聖心美容クリニックは、全国主要都市に9つのクリニックを展開する大手の美容クリニックです。

20年という伝統と、圧倒的な症例数・手術実績がありますから、その技術力の高さと安全性の高さは特筆すべきものがあります。

安心安全はもちろんですが、豊胸といっても様々な種類の豊胸術を取り扱っており、希望に沿った手術を提案してくれます。

異物を入れずに豊胸したいというニーズや、新素材で安全性が高く効果的な豊胸をしたいというニーズにもばっちり答えてくれます。

後程ご紹介する口コミを見ても、非常に安心できる口コミばかりですから、信頼できそうです。

全国チェーンのクリニックということもあり、費用面でも安心して任せることができるのも特徴です。

 

聖心美容クリニックで豊胸手術を受けた人の口コミ

スタッフの方々の物腰がやわらかく、全員しっかり教育されているんだなーといった印象を受けました。
私を担当してくださった先生も優しい方で、とても丁寧に対応してくださいましたよ。
出典:mcloz.net

ドクター、看護師の方、受付の方、みなさん明るくていい方ばかりでしたよ。
あと、これは口コミ通りですが、無料カウンセリングからじっくりと時間をかけてくれます。
思い切ってカウンセリングに行ってみて良かったと思います。
出典:mcloz.net

聖心の片岡先生は熱意あふれる先生で、とても頼もしく信頼できる先生でしたよ!
受付のかたも手術を決めるまで自分のことのように親身になってくれてすごく優しかったです。看護師さんは麻酔がかかる前は緊張がほぐれるように手を握ってくれました。
出典:http://www.e-kuchikomi.info

 

聖心美容クリニックの特徴は、丁寧なカウンセリングに驚いた!ニーズをしっかりヒアリングして手術に活かしてくれる!という感動の口コミが多いことですね。

さらにはドクターや看護師の方もとても親身で信頼できるという口コミが多数ありました。

技術面だけでなく、精神面でも頼りになるクリニックのようですね。

 

 

【傷跡の不安】豊胸前に医師と相談で解消!

 

豊胸手術による脇の下の傷痕を残さない方法と目立たせなくする方法を紹介しましたがいかがでしたか?

豊胸手術といっても、傷跡がどのくらいになるのかとても気になり、なかなか踏み切れないものですよね。

医師としっかり相談し、適切にケアをすれば傷跡はできにくく、目立ちにくくすることも可能です。

みなさんも信頼できる医師を探して、満足の行く手術にしてくださいね!

 

合わせて読んで!オススメまとめ