2017年7月13日、国民生活センターより発表されたプエラリア・ミリフィカに関する発表を受け、本記事に掲載されておりましたプエラリア・ミリフィカに関する情報、プエラリア・ミリフィカを含む商品の情報を削除いたしました。 詳細は こちらをご確認下さい。

目次

  1. 1 彼氏が彼女の胸を大きくする!?
  2. 2 彼女の胸を大きくする方法10選【彼氏必見!】
  3. 3 彼女の胸を大きくしたいなら動画を参考に♡
  4. 4 彼女の胸を大きくするには

彼女のことは好きだけど、胸がもうちょっと大きかったら…なんて思っている彼氏さんはいませんか?

彼氏だからこそできる、彼女の胸を大きくする方法もあるのです。

今回は一緒にその方法を見ていきましょう。

彼氏の立場からでも、彼女の胸を大きくするためにできることは実はたくさんあります。

これから紹介していくことの中で、これなら!と思ったことはどんどん実践してみましょう。

①一緒にご飯を食べる

あなたの彼女は、ダイエット中だからと過度な食事制限をしていませんか?

細くて華奢な体型の女性が好みだという男性もいるでしょう。

しかし、痩せすぎているということは胸にも脂肪がついていないということ!

まずは食事はしっかりとるように促しましょう。

彼女と一緒に食事をするときに「おいしそうにご飯を食べる女の子っていいよね」などの一言を添えることで、彼女にきちんとバランスのとれた食事をとるように意識してもらいましょう。

量より質が大事なのです。

また、食事の際は大豆食品鶏肉を候補に入れてみましょう。

大豆食品には大豆イソフラボンが含まれており、バストアップのための女性ホルモンに働きかけます。

鶏肉は肉類の中でもヘルシーで、バストアップに大切なタンパク質が豊富に含まれているので、彼女の胸を大きくするメニューのひとつだといえます。

②喫煙をしていたら注意

今は女性でも喫煙をしている人が多くみられるようになりましたが、喫煙もバストアップを妨げる原因のひとつになっているって知っていましたか?

タバコの成分で有名なのがニコチンですよね。

実はこのニコチンがバストアップに影響を与えているのです。

ニコチンには、体温を低下させる作用があります。

体温が低下してしまうと、女性ホルモンの分泌が減ってしまいます。

女性ホルモンは女性のバストアップには欠かせない存在なので、女性ホルモンが減ってしまうとバストアップしにくい身体になってしまうのです。

喫煙は健康面でも悪影響を与えることが知られていますよね。

彼女の胸が大きくなるし、身体も健康になるのなら、喫煙はぜひ控えてもらいたいことのひとつではないでしょうか。

③ストレスへのケアも忘れずに

彼女さん自身が「自分の胸が小さい」と感じて自分にプレッシャーをかけてしまっているケースもあるでしょう。

「自分はそこまで気にしていないけど、彼女自身が気にしている」という場合は、「気にしていない」と伝え続けること。

そして、彼女のことを大切に思っていることをしっかりと伝えてあげましょう。

ストレスを感じる場合も、喫煙と同じで体温が低下し、女性ホルモンの分泌が減ってしまいます。

仕事でもプライベートでも、ストレス発散に一緒に出かけたり、彼女の話をもう少し聞いてあげるなどしましょう。

精神的なケアも彼女の胸を大きくすることにつながるのです。

④適度な運動を

彼女の胸を大きくするためには、運動も必要です。

胸は脂肪ですが、その胸を支えるのは筋肉だからです。

せっかくバストアップしたときにそれを支えられないのでは意味がありませんよね。

また、定期的に身体を動かすことで代謝も良くなります。

そうすると、彼女の胸を大きくするための栄養もスムーズに胸に運ばれやすくなります。

激しい運動をする必要はありません。

たまにハイキングやサイクリングに誘って、外に連れ出してみましょう。

天気のいい日に外で軽く汗をかくのは気分転換にもなりますし、彼女との絆も深まっていくのではないでしょうか。

⑤マンネリを防ぐ

彼女と会うときはいつも同じ場所で、同じようなお店でばかり食事をしていませんか?

心当たりがある人は、彼女をキュンとさせちゃいましょう。

女性はキュンとした場合にも、女性ホルモンの分泌が活発になるからです。

たまに彼女にサプライズなことをプレゼントしてみましょう。

夜景のきれいな場所に連れて行ったり、いつもよりちょっと豪華なレストランに食事に行ったり…。

高価な宝石でなくてもいいのです。

何でもない日に小さな花束やプレゼントを渡すだけでも、彼氏からのサプライズには彼女は嬉しくなるものなのです。

⑥下着も大事なバストアップアイテム

何かアイテムをプレゼントしたいと思っている人は、思い切って下着をプレゼントしてみるのはどうでしょうか?ブラはただ胸を隠すだけではありません。

バストアップに効果的な工夫を施されたブラがたくさん出ていることを知っていますか?

女性ホルモンの分泌を促すための刺激を与える効果をもつブラや、胸の冷えを解消する効果を持っているナイトブラなど、彼女の胸を大きくするためのアイテムがたくさん発売されているのです。

ショップへ一緒に行って店員さんに見せてもらったり、相談してみるといいでしょう。

男の自分が一緒に買いに行くのは抵抗が…という人は、ネットで見てみるのもいいでしょう。

男性から女性にプレゼントできるサービスも登場しているので、一度探してみはどうでしょうか。

⑦エクササイズも効果的

彼女の胸を大きくするには、エクササイズを取り入れることでも効果が期待できます。

でも、どこをどうすればいいのかわからない!

そう思っている人もいるのではないでしょうか?

そんな人はバストアップエクササイズのDVDなどをプレゼントしてみましょう。

胸の大きさは普段の姿勢にも関係があり、猫背など身体が曲がっていると胸を支える筋肉も衰えて胸が小さくなってしまいます。

筋肉のコリをほぐすことで乳腺の発達を促すことにもなり、彼女の胸も大きくなるのです。

⑧リンパマッサージをする

食事などでバストアップしやすい身体にするほかに、マッサージをすることも彼女の胸を大きくするには効果的です。

リンパの流れをよくしましょう、というフレーズを聞いたことはありませんか?

リンパの流れが滞ると、老廃物が身体の中にたまっていってしまいます。

デコルテ(鎖骨)や脇のあたりにあるリンパをマッサージしてあげましょう。

彼氏が彼女にやさしく触れることで女性は安心や幸せを感じます。

そうすると女性ホルモンがより分泌されるので良い効果が得られるのです。

⑨ジェルやクリームをプレゼント

また、リンパのマッサージには、専用のジェルクリームを使用するとさらに効果が期待できます。

女性ホルモンの1種であるエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンなどの成分が入っているものがよく見かけられます。

ジェルやクリームで彼女の胸を大きくするための成分を与え、さらにマッサージすることでリンパの流れが促進されます。

血行がよくなるので栄養がスムーズに運ばれ、彼女の胸を大きくするために必要な効果が発揮されていくのですね。

⑩スキンシップも欠かせません

リンパマッサージだけでなく、もちろんセックスにも彼女の胸を大きくする効果があります。

特に、彼女も気持ちがいいと感じられるセックスをすること。

気持ちがいいセックスには女性ホルモンの分泌を活性化させる効果があります。

またリンパや乳腺への刺激も与えられ、精神的にも肉体的にも彼女の胸を大きくするための効果を与えられることになるのです。

マッサージやセックスでも彼女の胸を大きくすることができるのですね。

しかし、正しいやり方でないとせっかくのマッサージも意味がありません。

詳しく説明している動画もあるので参考にしてみてください。

育乳のお手伝い

彼氏が彼女の胸を大きくするためにできるマッサージです。

この動画を参考に続けていくことで効果が期待できそうです。

正しい方法でマッサージを

胸を大きくするためのマッサージも、やり方を間違えてしまうと効果は得られません。

やさしい力で正しい方法でマッサージを行いましょう。

彼女の胸を大きくするには、スキンシップをとるだけでなく彼女を笑顔にすることも大事なのですね。

彼女をキュンとさせたり、マンネリにならないように気をつけることは、彼女との付き合いを良好にするためにも必要なことですね。

これからはもっともっと彼女と楽しい時間を過ごしていきましょうね。

女性の陥没・扁平乳頭改善のために作られた専用クリーム
PR

昔に比べ現代女性は、食生活の充実や身体的な発育の早熟傾向により、乳腺の成長より乳房の成長が早くなるなど、陥没・扁平乳頭比率は高まってきています。特に深刻なのは母乳授乳が困難なケース。大きな原因の一つが陥没乳頭なのです。陥没乳頭を完治するため今まではクリニックでの切開手術が必要でした。国内に18歳から45歳までの女性は2000万人程度いらっしゃいます。その中で10%ほどが陥没・扁平乳首症状が認められるとも言われておりますので、該当者約200万人の女性がこの画期的なピュアナスクリームの誕生で簡単に自宅でご自身で陥没・扁平乳首改善ホームケアができるようになります。今なら専用吸引器を無料でプレゼント!

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム
ピュアナス陥没乳頭改善クリーム

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。