ボロンのバストアップ効果の真実!知られざる副作用にも注意!

平山あやの豊乳の秘密はキャベツのボロンにあり?!

 

平山あや

可愛らしくて華奢、でも女性らしいバストがステキなタレントの平山あやさん。

彼女は10代の頃、ダイエットのために毎日キャベツを半分から1個丸ごとくらいの量を食べ続けていたそうです。

キャベツはバストアップする食べ物として有名ですよね。

そしてダイエットは成功し、更に胸は痩せずにバストアップしたというから驚きです!

キャベツは、ボロンという栄養素を豊富に含みますが、それにバストアップ効果があるという噂が・・。

本当にキャベツに含まれる成分ボロンでバストアップするのか、また、たくさん食べても大丈夫なのか調べてみました。

 

そもそもボロンって?

 

下着ガール

近年、バストアップに効果的だと言われはじめたボロンとはいったい何なのかご存知ですか?

聞きなれない「ボロン」という名前、実は英語名なのです。

日本語名では「ホウ素」といいます。

ホウ素は、ホルモンや酵素でもありません。ミネラルの一種なのです。

そして体の中で、直接筋肉や脂肪になるのではなく、間接的にバストアップを助ける働きをすることで、近年注目を集めている栄養素です。

そしてバストアップだけではなく、他にも様々な良い働きがあるそう。

これは注目したい成分ですね!

 

ボロンのバストアップ効果のメカニズムとは?

ミネラルは私たちの体にとって、とても大切な栄養素です。

ミネラルの一種であるボロンは、女性に嬉しい働きをすることがわかってきました。

それは一体どの様なものなのか、そしてそのメカニズムを詳しくご説明しましょう!

 

エストロゲンの分泌を活性化

 

下着ガール

バストアップ効果のある女性ホルモンのエストロゲンは、排卵前の卵胞期に卵巣で分泌が盛んになる女性ホルモンです。

女性らしい丸みのある体をつくり、肌や髪を健康的に美しくしてくれる女性にとってなくてはならない大切なものですね。

例えばあなたなら、バストアップのために食事を工夫したりサプリを選ぶ時は、まず何から始めますか?

多くの場合、エストロゲンのサプリを飲んだり、似た働きをするイソフラボンを多く含む食品を摂取するなどの方法を取ることが多いのではないでしょうか。

しかしボロンは、卵巣でのエストロゲンの分泌を活性化させるというミネラルで、自分自身の作り出すエストロゲンを増やす効果が期待できる栄養素なのです。

 

アメリカ合衆国農務省が閉経後の女性に対して1日3 mgのホウ素を投与する実験を行った結果、ホウ素の補給がカルシウムの排出を44%抑え、エストロゲンおよびビタミンDを活性化させるという結果が示され、骨粗鬆症を抑制する可能性が示唆された。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki

 

エストロゲンが乳腺を発達させる

 

胸の構造

私たち女性の胸の構造は、どうなっているのかご存知ですか?

胸は大胸筋をベースにして、1割の乳腺と9割の脂肪を、皮膚とクーパー靭帯が支える構造となっています。

バストの大きさは、その9割を占める脂肪の量で決まります。

バストの豊かな女性の乳腺は、バストの小さな女性の乳腺より発達しており、その結果として脂肪の量も多くなっているのです。

この乳腺を発達させる働きを持っているのが、女性ホルモンのエストロゲン

ボロンによってエストロゲンの分泌が増えると、乳腺の発達を更に促進する効果が期待できるというわけですね。

 

そんな女性のために副作用のない安心なものは…

エストロゲンと同じような働きをする成分配合サプリがあります。

乳腺の周りに脂肪がついてバストアップする

 

バストアップ

エストロゲンにより発達した乳腺は、個人差はあるものの、乳房1つにつき15から20ほどあると言われています。

この乳腺を守るために、周辺に脂肪がついていき女性らしいバストへと成長していくのです。

胸に脂肪がつくのを助けるのもまた、エストロゲンの働きです。

またエストロゲンには、肌にハリやツヤ、弾力を持たせる作用もあるとか。

このようなメカニズムで、ボロンはバストアップ効果があると考えられています。

ウエストや脚はスリムなのに、豊かなバストを持つ女性たちは、しっかり乳腺が発達していたということなんですね!

 

ボロンのバストアップ効果を高めるポイントやコツ

バストアップへの道、すぐに効果がでなくても、遠回りはしたくないですよね?

ボロンがバストアップに及ぼす効果を、最大限に引き出すには少しコツが必要です。

ではそのコツとはなんでしょう?では詳しくお話しますね!

 

加熱しないで食べる

 

サラダ

体に良い野菜を多く食べるために、加熱してカサを減らしましょう!とよく言われますね。

でも効果的に摂取したいなら、加熱調理はしないで下さい。

ボロンは熱に弱い栄養素なので、生で食べる工夫が必要です。

ボロンを含む食べ物は多いのですが、調理によって壊れてしまうので意外と摂取するのが難しいのです。

キャベツは加熱せず、生のままサラダで頂きましょう

同じ味ばかりだと飽きてしまうので、ドレッシングやトッピングに工夫しても良いですし、浅漬けにしても良いですね!

 

タンパク質も一緒に食べる

 

サラダ

ボロンには、エストロゲンの分泌を活性化する働きはありますが、単一でバストアップ効果があるわけではありません。

バストアップ効果を上げるためには、タンパク質を一緒に摂ると効果的です。

元々タンパク質はバストアップ効果の高い栄養素。

筋肉をつくる材料で、バストを支える素になりホルモンをつくる時にも重要な役割を持ちます。

キャベツのサラダに、ツナや鶏ささみをトッピングしたり、チーズを加えても良いですね!

 

食べるなら食前に!

 

スムージー

せっかくボロンの多いものを食べるなら、出来るだけ効率よく吸収したいものですよね。

それには、食事の前に食べることをおすすめします。

空腹時は、体が一番栄養を欲しがっているタイミング。つまり、摂取した栄養素の吸収率がとても高くなるのです。

このタイミングで摂取すれば、より効率良く吸収できますね。

特に朝食前などは理想的です。

朝食前にボロンを多く含むフルーツやキャベツのサラダを食べたり、スムージーなどを飲めば、バストアップ効果が更に上がりますよ!

 

\ダブルの効果で抜群!/

 

ボロンの摂取方法は?キャベツ以外にもあるんです!

ボロンをしっかり摂りたいけれど、キャベツだったらどのくらい食べたらいいのでしょう?

また、毎日キャベツを食べるというのも辛いもの。他の摂取方法も知りたいですよね。

実は私たちの身近に、ボロンを含んでいる食品はたくさんあるのです。

ここでは、ボロンを多く含み、手に入れやすい食品と、簡単で美味しく頂けるメニューを紹介します!

 

<1>キャベツ

 

キャベツ

まずは代表格のキャベツ。

キャベツは、価格の変動はあるものの、一年を通して手軽に手に入る野菜です。

そのキャベツ100g中に1.45mgのボロンが含まれていると言われています。

一日のボロン摂取量の目安は、3mgですから、約200gのキャベツを食べれば良いわけです。

一食で200gではなく、一日で200gですから、朝・昼・晩と3回に分けると食べやすいですよ。

ボロンは熱に弱いので、サラダはレタスからキャベツに変えるのをおすすめします。

苦味もないので、フルーツも加えてスムージーにしても良いですね。

和食なら、昆布茶の粉末や塩昆布で和えて、浅漬けにしても美味しいですよ!

 

<2>リンゴ

 

りんご

身近な果物であるリンゴも、ボロンを含む食べ物です。

赤いリンゴに含まれるボロンは、100g中0.32mgと言われています。

リンゴ1個の重さは、約300gですから、リンゴだけでボロンを摂取しようとすると一日に3個食べなければなりません。

生で食べられるのは良いのですが、キャベツや他のフルーツを組み合わせて食べるのが現実的ですね。

 

<3>ナッツ類

 

おつまみの印象が強いナッツ類ですが、これらもボロンを多く含む食べ物です。

ナッツには色々な種類がありますが、その中でもピーナツは100gで一日に必要なボロンを補えると言われています。

同じものだけだと飽きてしまうので、ミックスナッツがおすすめです。

そのままおやつとしても良いですが、砕いてサラダに加えたり、和え物に混ぜ込んでも食べやすいですよ。

 

<4>海藻

 

海藻サラダ

日本人なら毎日の食事でなじみの深い海藻も、ボロンを多く含む食べ物です。

とろろ昆布なら、約30gで一日に必要なボロンを補えると言われています。

ボロンは熱に弱いですから、海藻も出来るだけ生で食べる工夫をしましょう。

海藻サラダは、水で戻すだけで加熱はしませんので理想的ですね。

また、とろろ昆布は柔らかく、海藻サラダより消化吸収も良いので、料理のトッピングとして使うのがおすすめです。

 

<5>ボロンサプリ

 

最も手軽にボロンを摂取するなら、やっぱりサプリメントですね。

サプリメント1錠、又は1カプセルで必要量が摂取できるものも多く、とても手軽に摂ることができますね。

100日分で1000円以下のものも多いので、ボロンはバストアップサプリの中で、とても敷居の低いサプリと言えます。

サプリメントですから、飲むタイミングは特に決められていませんが、やはり食前や空腹時が効果が高くなりますね。

どのサプリにも言えることですが、多く飲めば効果が高くなるわけではありません。

副作用のリスクをなくすためにも、決められた量をしっかり守って摂取しましょう

 

ちょっと待った!

副作用の心配がないサプリがあるのを知っていますか?

それは、バストアップサプリ「ピンキープラス」♡

バストアップサプリの不安要素を無くした、究極のバストアップサプリ。

あなたもチェックしてみてください♡

\副作用もなくて安心♡/

ボロンの知られざる副作用とは?

胸が小さな女性にとって、ふっくらした豊かなバストは永遠の憧れです。

ボロンによってその夢が叶うかもしれないと思うと、つい多く摂取したくなります。

しかし、女性ホルモンは多過ぎると、副作用があるというのです!

エストロゲン過多の状態になると、私たちの体にどのような副作用が起こるのでしょう?

 

 乳がんや子宮筋腫のリスク

私たちの体内においてボロンは、卵巣でのエストロゲンの分泌を活性化する働きをします。

すでに必要な量のエストロゲンがあるにもかかわらず、更に分泌を促してしまうと、体内でエストロゲン過多の状態になります。

このエストロゲン過多の状態になると、子宮筋腫が出来やすくなるという副作用があります。

エストロゲンは例えて言うなら、子宮筋腫の栄養のようなもの。

子宮筋腫をつくりだしたり、成長させたりする働きをするのです。

またエストロゲンは乳腺を刺激し、乳腺疾患や乳がんのリスクも増えてしまいます。

サプリでボロンを摂取する場合は、必ず摂取量を守りましょう。

 

 ニキビや吹き出物などの肌荒れ

エストロゲンを増やすことができれば、バストはもちろん、肌にツヤやハリを与える嬉しい効果が期待できます。

しかしエストロゲンが多すぎると、逆に肌荒れという副作用を起こします。

排卵してから月経が始まるまでの黄体期に、ボロンの過剰摂取によりエストロゲンが増え過ぎるとホルモンバランスが崩れます。

その結果、ニキビや吹き出物など、肌トラブルの原因になるのです。

この黄体期には、サプリをお休みしても良いかもしれませんね。

 

 生理前の体調不良

 

下着ガール

女性にとって嬉しい効果ばかりが注目されるエストロゲンですが、その効果はもう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンとのバランスの上に成り立っています。

この女性ホルモンのバランスを崩してしまうと、副作用として月経前症候群になったり、それを悪化させてしまうことがあるのです。

月経前症候群には、憂鬱になる、イライラする、頭痛、バストの張りや痛み、眠気、腰痛など、実に多くの症状があります。

ボロンの副作用として、覚えておきましょう。

 

副作用がなく安心してバストアップできるのはピンキープラス

せっかくバストアップが望めるからと言っても副作用は怖いですよね。

そこで、女性のの救世主サプリがあるのでご紹介いたします。

ピンキープラスは副作用のないからだに優しいイソフラボンが主成分です。

その他にストレスや快眠、代謝をサポートしてくれる成分も。

愛用者の声が届いています。

「2週間でハリが出てきた」「1か月でサイズ上がった」「肌がスベスベになった」等々

効果絶大です。テレビでも取り上げられ出演者も大絶賛です。

しかも副作用がなく安心して飲めるので続けられますね。

そして女性らしさをぐっと引き上げてくれます。

女性の味方バストアップサプリ「ピンキープラス」公式サイトへ!!

 

 

ボロンにはバストアップ以外にもこんな効果が期待できる!

バストアップの他にもボロンは、私たちの体になくてはならないビタミンDの活性化に一役買ってくれることがわかってきました。

ビタミンDが活性化すると、どのような効果があるのか見てみましょう!

 

骨を強くする

 

笑顔の女性

骨粗鬆症の薬として使われているビタミンDは、体内で生成することができるビタミンです。

そのビタミンDの代表的な働きは、摂取したカルシウムを骨に導き、定着させることです。

さらにボロンには、尿からカルシウムが排泄されるのを防ぐ効果もあるのです。

女性は男性より骨粗鬆症になりやすいので、この効果は嬉しいですね!

 

アレルギー改善効果

 

 

花とガール

毎年のように新しい花粉症対策グッズが発売されていますね。

便利ですが、マスクも薬の服用もなければどんなに楽でしょう。

そんなアレルギー症状に、ビタミンDが関わっていることが研究によりわかってきました。

ボロンを摂取することで、結果的に体内でビタミンDの生成量が増えれば、他のアレルギー症状、例えばアトピー性皮膚炎の症状を緩和させる効果も期待できます。

これは嬉しい副作用ですね。

 

免疫力が上がる

寝転ぶガール

ビタミンDは骨だけではなく、様々な細胞で必要とされています。

その一つに免疫細胞があります。

免疫細胞はビタミンD受容体を持っており、それはビタミンDが私たちの免疫機能に大切な役割を持つということを意味します。

体内で必要な量のビタミンDが生成されれば、インフルエンザなどの様々な感染症の予防効果が期待できます。

ボロンにこんな嬉しい副作用があるなら、摂取量は守りつつ積極的に取り入れたいですね!

 

ボロンを生活に上手に手に入れればバストアップも夢じゃない!

いかがでしたか?

ボロンは私たちの身近な食べ物に含まれていて

毎日の食事に組み込んでいくのは難しいことではありませんね。

体調の変化や副作用に注意して、サプリも上手に使いながらバストアップを目指しましょう!

\ピンキープラスで無理のないバストアップを♡/