目次

  1. 1 胸を大きく見せたいならバージスラインでブラを選ぼう!
  2. 2 そもそもバージスラインってどこのこと?
  3. 3 バージスラインの広いブラだと胸が大きく見える理由
  4. 4 バージスラインが広いブラはこんな人におすすめ
  5. 5 バージスラインの広いブラの選び方
  6. 6 バージスラインの広いブラの付け方のコツ
  7. 7 バージスラインが広いブラを展開しているメーカーをご紹介
  8. 8 バージスラインが広いブラでボリュームのある胸になろう♪

「ちゃんとカップ数を測定してブラを選んだのにサイズが合わない!」

そんな風にお悩みの方、いらっしゃいませんか。

実は、正しいブラ選ぶには、カップ数だけでなくバージスラインがとても重要な指標になってくるのです。

バージスラインを意識してブラを選べば、ブラをしっかりバストにフィットさせ、胸を大きく見せる効果も得られるのです。

今回はそんなバージスラインの効果と、バージスラインを意識したブラ選びについて徹底解説します!

そもそもバージスラインってどこのことを指すかご存知でしょうか?

ちょっと聞き慣れない言葉で初めて聞いた、と言う方も多いのではないでしょうか。

バージスラインとは胸の底部、バストの下半分の輪郭線のことを言います。

丁度、バストとお腹の境界線に相当する部分ですね。

また、バージスラインの右端と左端の直線距離が長いことを「バージスラインが広い」。

逆に短いことを「バージスラインが狭い」と言います。

バージスラインを意識したブラ選びはバストをしっかり密着させる上でとても重要です。

バージスラインが合わないブラを無理に着用すると、ワイヤーが食い込んだり、脂肪が流れてバストの形が崩れたりする恐れがあるのです。

さて、バージスラインについて説明したところで、いよいよ本題です。

なぜ、バージスラインの広いブラだと胸が大きく見えるのでしょうか。

普通、ブラのバージスラインと接触する部分にはバスト保持のためのワイヤーが仕込んであります。

バージスラインが広いブラというのは、このワイヤーが長めにとってあるブラのことです。

バージスラインが広いということはそれだけブラに収容されるべきバストの容量が大きいということなので、バージスラインが狭い方と比べると胸が大きく見えるというわけです。

先にご紹介しました通り、バージスラインが広いブラを着けることでバストを大きく見せることができます。

しかし、これは飽くまで元々バージスラインが広い人が着けることで期待出来る効果です。

以下にバージスラインが広い人の特徴を挙げましたので自身が当てはまるかどうか確認してみましょう!

また、以下の特徴に当てはまらない人は残念ながらバージスラインが狭い人ということになります。

バージスラインが狭い人が無理にバージスラインの広いブラを着けると、上手く胸をホールドできず、形が崩れてしまう恐れがあるので注意してください。

カップサイズが大きいが横から見ると小さく見える

先にも述べました通り、バージスラインの広い方はブラに収容するバストの容量が大きいのでそれに合わせるとカップサイズも大きくなります。

しかし、バージスラインが広さとバストの高さは通常無関係です。

このため、バージスラインが広い方はカップ数は大きいのに横から見ると高さがなくて小さく見える、ということがあり得るのです。

 サイズ計測したブラなのにカップが小さく感じる

バージスラインが広い方はサイズをきちんと計測して算出したカップ数のブラを着けると窮屈に感じることがあります。

これは、カップ数の計算にバージスラインの広さは考慮されていないことが原因です。

カップ数というのはバストのトップとアンダーの差で決まります。

バージスラインが広めの方はバストの容量が大きいですから、このように計算して出したカップ数ですと胸が収まりきらないことがあるのですね。

 体の幅が広く厚みが無い体型

客観的に判断するのは難しいかもしれませんが、体の幅が広い体型の方はバージスラインが広めである傾向があります。

これは、体の中心から脇までの距離が長いことが原因だと考えられます。

もし、あなたが上で紹介したような特徴にあてはまるのなら、バージスラインが広いブラを選ぶことをお勧めします。

バージスラインが広いブラの選び方を具体的に解説していきましょう。

ワイヤーの幅が広く長いものを選ぶ

ブラのワイヤーはバージスラインに沿って仕込んであります。

従ってバージスラインが広めの方はワイヤーの幅も広く、長いブラを選ぶのが基本になります。

また、単に「普通のものと比べて長い」と言うだけでなく、実際に着用した際に自分の脇の近くまでしっかりワイヤーが貼ってあるかどうかを確かめましょう。

 アンダーベルトが太く胸を支えられるものを選ぶ

ワイヤーだけでなく、アンダーベルトがしっかりしているものを選ぶことも重要です。

バージスラインが広い方というのはバストの容量が大きめになりますから、その分バストが重くなります。

重力に負けずにしっかりとバストを支えられるようなしっかりとしたアンダーベルトを備えたブラを選びましょう!

 薄く柔らかい生地のものを選ぶ

バージスラインが広いブラを選ぶ上では、素材も重要です。

出来るだけ薄く、柔らかい生地でできているブラを選びましょう。

このような生地でできたブラは伸縮性に富み、バージスラインの広い、ボリュームのあるバストでもしっかりフィットして支えてくれます♡

ストラップが外側にあるものを選ぶ

バージスラインが広い、ということは体の中心から脇までしっかりバストがあるということです。

従ってバージスラインが広めのバストを支えるためには通常よりも外側にストラップが付いたブラが適していると考えられます。

カタログなどで見ただけではよくわからないことも多いので、実際に試着してみてストラップがどの位置に来るか確かめてみましょう。

折角バージスラインが広いブラを手に入れても正しくつけられなくては意味がありません。

バストをしっかりサポートするためにもこの機会に正しいブラの着け方を身につけましょう!

STEP1:前かがみの姿勢でバージスラインを合わせる

まずは前かがみの姿勢でバージスラインとブラを合わせましょう。

ここで位置がずれてしまうとワイヤーが食い込んだりして正しくブラを着けられません。

ちょっと時間がかかってもしっかり合わせると結果的に速く着けられます。

バージスラインをしっかり合わせて

 STEP2:ホックを固定し脇と背中の肉を収める

バージスラインを合わせたらそのままの姿勢で背中でホックを留めましょう。

この際、胸の脂肪が脇や背中に流れて行かないよう、しっかりブラの中に収容しましょう。

STEP3:ストラップを調整し確認する

ホックを留めたら、そのままの姿勢で手をブラの中に入れ、バストを優しく支えてください。

手でしっかり支えられたら、上体を起こしながらバストを優しく引き上げましょう。

ここまでできたら、後はその状態をキープできるようにストラップの長さを調節してください。

反対側も同じようにしてください。

終わったら、最後に正しくブラが着けられているかどうかチェックしましょう。

  • ストラップがずれていないか、肩との間に人差し指が通るくらい余裕はあるか
  • カップの上辺が食い込んだり、浮いたりしていないか
  • ブラの前中心が浮いていないか
  • アンダーバストが苦しかったり、浮き上がったりしないか
  • バージスラインにワイヤーが食い込んでいないか

全部OKならこれで完了です!

正しい着け方を動画でも確認!

最後に動画でも正しいブラの着け方を確認しておきましょう。

下着メーカーのワコールが製作した動画で1:42~から正しいブラの着け方、0:56~からチェック方法を解説しています。

動画で見ると文字では表現しきれない細かい部分も良くわかりますね。

各下着メーカーが作るブラのバージスラインの広さにはある程度傾向があります。

バージスラインが広めのブラを展開しているメーカーを知っているとブラ選びの際に便利ですよ。

さっそく、いくつかご紹介していきましょう。

①トリンプ

出典:triumph.com

トリンプは1886年にドイツで設立され、現在ではスイスに本社を持つ国際企業です。

日本に限らず世界中で事業を展開しており、まさに世界最大規模の下着メーカーと言えるでしょう。

そんなトリンプのおすすめ商品は恋するブラ 413 3/4カップブラジャー。

柔らかく、伸縮性のある生地で着け心地は最高!

バージスラインにぴったりフィットしてくれます。

②ワコール

ワコールは京都市を本拠地とする下着メーカーです。

国内下着業界では売上高No.1を誇っており、とても有名なブランドとなっていますね。

実際、女性用下着メーカーといえばワコールか、あるいは先述のトリンプを思い出す、と言う方も多いのでは?

国内首位とだけあって展開する商品も多種多様ですが、何か一つ、と言われればDubleve(デューブルベ)をおすすめします。

デューブルベはセミオーダーのブラで、バージスラインまで実際に測定してバストにジャストフィットするブラを作ってくれます♪

ピーチジョン

出典:scene7.com

ピーチジョンは先述の「ワコール」傘下の女性向け下着メーカーです。

そのかわいらしい独自のデザインから特に若い女性の間で人気が高いようです。

ピーチジョンのおすすめはドリームブラ。

ワイヤーをふわふわのパッドで包むことでまるでノンワイヤーのような快適な着け心地を実現!

サイドベルトもやや広めに作ってありバスト全体をしっかりホールドしてくれます。

今回ご紹介したバージスラインはカップ数と並んで正しいブラ選びに欠かせない指標と言っても過言ではないでしょう。

自分に本当に合ったブラを着ければそれだけでボリュームアップが期待できます!

バージスラインが広めの方は、バージスラインが広いブラを着けて大きくてキレイなバストを手に入れましょう♪

ボリュームのある胸になろう


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。