見た目はAかBカップなのにカップサイズが大きいのは何故?!<疑問解消>

見た目=カップサイズではない!そんな疑問を【徹底解消】

チェック

胸は女性の魅力を引き立たせるための大切な体の部位です。

したがって、カップサイズを気にする女性は多く、できればAカップやBカップに見られたくない…と思うでしょう。

しかし、多くの女性が実際のカップサイズとは異なり、見た目でAカップやBカップと思われてしまう、という胸の悩みを抱えているのが現実…。

もうバストの見た目で馬鹿にされたくない!と思うなら、見た目と実際のカップサイズを近づける方法を知っておきましょう!

 

見た目がAカップやBカップで損をしている人は多い!

悩む

実際はAカップやBカップ以上あるのに、見た目が小さく見えるため損をしている女性は多いんです。

一般的に、AカップやBカップは「胸が小さい」という認識が強いため、男性からはカップサイズが小さいと勘違いされてしまいます。

実際のカップサイズと見た目の差から、“嘘つき扱いされる”なんてことも…!

しかし、胸の見た目と実際の大きさが違うことに悩んでいる女性はたくさんいます。

原因は、正しいサイズのブラジャーを着用していない、姿勢が悪いなど、女性の習慣によって様々。このような日々の習慣から、見た目がAカップやBカップに見えることにつながるのです。

原因を詳しく見てみましょう!

 

胸の見た目が小さいのにカップサイズが大きい<3大原因>

考える

実際のカップサイズは大きいのに、見た目がAカップやBカップになってしまう原因は何でしょうか?

原因は以下の3点が挙げられます。

 

1)胸の位置が離れている

胸の位置が左右に離れていることを「離れ胸」と言います。

八の字型に胸が左右に離れ、胸回りの脂肪があっても垂れてしまったり、左右の胸の間に隙間ができたりして、谷間ができにくくなってしまうのです…。

八の字型で胸が下を向いていると、胸回りが平たく見えてしまいますので、見た目がAカップやBカップに見える原因につながります。

離れ胸になりやすい人の特徴としては、

・サイズに合っていないブラを着用している

・寝るときにノーブラで寝る習慣がある

・正しくブラを付けていない

などが挙げられます。

 

2)胸の位置が低い

胸の位置が低いことを「垂れ胸」と言います。

カップサイズに大きく関わってくるトップバストの位置が低くなってしまうと、見た目がAカップやBカップになってしまう原因となります。

胸の位置が低い人の中には生まれつきの人もいます。しかし、いつも気にせず行っている習慣から、垂れ胸の要因を作っている人も多いのです…!

垂れ胸になりやすい人の特徴としては、

・姿勢が悪く、血流が滞っている

・急激なダイエットをしている

・出産や加齢によるホルモンバランスの変化

・正しい位置にブラを着用していない

・ブラのサイズが正しくない

・運動時などに激しく胸を動かしてしまう

などが挙げられます。

 

3)痩せ型でアンダー自体が細い

基本的にカップサイズはアンダーサイズとトップサイズの差によって決まります。

アンダーサイズがある人ほど、カップサイズはそれに合わせて大きくなるため、見た目として胸が大きく見えます。

例えば、Dカップのアンダー自体が細い人よりも、Aカップでアンダーサイズがある人の方が胸が大きく見えてしまう、なんてことも。

胸の脂肪はしっかり体の中心に集めておかないと、背中や脇腹など、周りに散らばりやすい傾向があります!

サイズの合っているブラジャーを着用することや、背中などの周辺の脂肪を胸回りに集めることが胸を大きく見せるための近道。

痩せている人でも周りの脂肪を寄せ集めることで、見た目がAカップやBカップ以上になる効果が期待できるんですよ!

 

実際のカップサイズと見た目を同じにする方法はある!

AカップやBカップに見られてしまう原因がわかったところで、どのように対処すれば「実際のカップサイズと見た目が同じになる」のかが、分かりませんよね?

そんな方のために、カップサイズと見た目を近づける3点の方法をご紹介します!

 

・離れ胸を治す

・胸の位置を高くする

・ボリュームがあるように見せる

それぞれ、順番に説明していきますね!

 

A、Bカップに見えてしまう原因解消法1:離れ胸を治す

離れ胸

正しいブラを選び、姿勢には気を付けていると思っている人でも、離れ胸になることはあります。

離れ胸を改善し、見た目がAカップやBカップになる原因を解消していきましょう。

 

1)3/4カップブラを着けて胸を中央に寄せる

外側にストラップがついているタイプの3/4カップブラは普通のブラと違い、脇から胸の脂肪を寄せてくれるんです!

背中や脇腹に散らばっていた脂肪が中央に集まってくれるため、胸に脂肪が集まり、谷間ができてボリュームアップにつながります。

また、胸の上辺を締め付けないため、形の良い美しいカップを作ってくれるのもうれしいポイント。

3/4カップブラにはパッドがついている場合が多く、邪魔に思う人は取ってしまった方が良いでしょう。

左右でカップサイズが異なる人は、カップサイズが小さいほうの胸にパッドを入れるとサイズが調整されて、見た目が美しく見えますよ!

 

2)筋肉の衰えを改善する

離れ胸の原因の一つとして、胸の筋肉の低下が挙げられます。

胸の筋肉には、胸全体を支えている大胸筋と、胸を中央に寄せる役割を持つ小胸筋があるのですが、同じ姿勢を長時間保ったり、姿勢が悪かったりするとその筋肉が衰えていくのです…!

筋肉が衰えてしまうと、重力や胸周辺にある他の筋肉に引っ張られる力に負けてしまい、離れ胸につながってしまうのです。

その結果、見た目がAカップやBカップに!本当に恐ろしいですね…。

大胸筋と小胸筋を鍛える方法としては、

・正しい姿勢を心がける

・合唱のポーズを日々の生活に取り入れる

・腕立て伏せを行う

などが挙げられます!

また、離れ胸の原因は筋肉のほかに皮膚のゆるみクーパー靭帯の衰えにもあります。

対処法としては、運動時に胸を激しく揺らさないためにスポーツブラを使用することが有効です!

 

3)血流を改善し胸に栄養を届ける

見た目が美しい胸を作ろうとするときに、必要となるのは栄養です。

血流が悪くなっていると、血液と一緒に運ばれるはずの栄養がきちんと胸に運ばれずに他の部位に行ってしまったり、胸に老廃物がたまりやすくなったりします

また、栄養不足は必要以上に胸周辺の筋肉が固くしてしまい、横や下に引っ張ろうとする力が強くなります。

先に説明したように、筋肉が衰えていると引っ張られる力に負けてしまい離れ胸を招いてしまうので、血流が悪くなると離れ胸につながりやすくなるのです…!

改善方法としては、

・猫背などの悪い姿勢を直す

・胸や首周りをストレッチする

・食生活や睡眠時間を見直す

・クッションなどを利用して座るときに背中に挟む

など。

血液の流れが良くなると離れ胸の改善にも効果的なので、まずは姿勢を直すことから始めましょう!

 

\ムダなお肉をぎゅっと中心に寄せてくれるブラはコレ!/

 

A、Bカップに見えてしまう原因解消法2:胸の位置を上げる

胸の位置

胸の正しい位置が分からないという人は少なくありませんよね。

理想は、鎖骨の真ん中あたりにあるくぼみと左右の胸のトップをつないだ形が正三角形になる位置と言われています。

正しい位置をしっかり覚えて、見た目がAカップやBカップに見られる原因を解消しましょう!

 

1)正しい方法でブラを着ける

美しい胸を作るには、正しいブラの着用方法を知ることが大切です。

まずは、メジャーでトップ(乳首の位置)と輪郭部分であるアンダーの差を正確に測ることから始めましょう!

サイズ表を確認し、正確なカップサイズを認識したうえで、ブラを購入してください。

ブラを着用した際に正しい位置かを見るためには、

・ブラを着用した際に浮いたり、食い込んだりしていないか

・肩のひもが長かったり短かったりしていないか

・苦しくない位置に留め具が止まっているか

・正三角形が作られているか

などのポイントをチェックしてみてください。

きちんとチェックしながらブラを着用していけば、胸を正しい位置に導けるはず!

 

2)胸の位置を高くするエクササイズを行なう

 

 

胸の位置を下げないためのエクササイズとして、“合唱のポーズ”をおすすめします。

衰えた筋肉を鍛え、胸にハリを与える効果があるそうです。

空いた時間に1日10セット程度行うことで、胸の位置を上げる効果が期待できるんです!

道具なしで手軽にできるので、気軽に実践できちゃいますね♪

 

3)胸の位置を高くする筋トレを行なう

 

ギムボールを使った筋トレ方法です。この筋トレを行うことで大胸筋周りの筋肉が鍛えられます。

大胸筋周りを鍛えることで、胸を支える筋肉が鍛えられるので、胸の位置を高くする効果が期待できるんです!

このトレーニングは、体に負担のない程度に行うことが大切。

1日~2日おきに行いましょう。

この他にも腕立て伏せなどの筋トレも有効なので、いろんなエクササイズを組み合わせるともっと効果が高まりそうですね!

 

\ツンと上向きのバストをGETするならベルタプエラリアが◎/

A、Bカップに見えてしまう原因解消法3:ボリュームがあるように見せる

ボリュームアップ

痩せ型体型の女性はアンダーが細く、カップの小さいブラを選ぶことになり、見た目がAカップやBカップに見えてしまいます。

しかし、ブラや服装を変えてみるだけで、胸にボリュームを持たせることが出来るんです!

早速ボリュームがあるように見せる方法を見ていきましょう。

 

1)盛れる機能のあるブラを着ける

盛れる機能のあるブラは普通のブラとは異なりワイヤーがL字型で、中央が浅めに作られています。

この機能によって、脇腹などのムダなお肉を中央に集めることができ、胸を大きく見せてくれるんです!

着用しているだけで自然と谷間ができ、胸全体を美しく支えてくれるため、アンダーが細い人におすすめなんですよ♪

盛れる機能のあるブラには種類があり、

・谷間を自然に作り出してくれるナチュラルアップブラ

・カップの下部分に生地がなく、圧迫感がないアンダーフリーブラ

・半円状のワイヤーが特徴的なフィット感のあるサーキットブラ

などがあります。

ブラの機能を利用して、見た目がAカップやBカップ…を卒業しちゃいましょう!

 

2)胸が大きく見えるデザインの服を着る

見た目がAカップやBカップというイメージを変えるには、ブラのほかにもいつも着用している服を見直すことも大切です。

例えばこんな服装がおすすめ♡

・チェック柄やボーダー柄のある服を選ぶ

・胸元に立体的な装飾がついているトップスを着用する(ポケットやフリルなど)

・Aラインのトップスを着用する

・おしゃれでボリューム感のあるストールやマフラーを付ける

・谷間が見えるような首元が開いた服を着用する

以上のような服装に変えてみるだけで、胸元を大きく見せる効果が期待できます。

特にAラインのトップスを着用するとカップサイズのみならず、ウエストの細さも強調できるのでぜひ試してみてください!

 

3)淡い色の服を着る

一般的にはパステルカラーは膨張色と言われており、着用を好まない人もいます。

しかし、上半身と下半身で色合いを変えると、見た目のカップサイズが変わる効果が得られるだけでなく、全体的にメリハリがつくのでスタイルアップの効果も期待できるんですよ!

例えば、トップスを淡い淡色系にしてボトムスを黒色などの締め色にします。

このようにカラーの組み合わせを工夫することで、胸元はふんわりボリューミーに、下半身はほっそりして見えます。

見た目がAカップやBカップになる原因の解消とともにスタイルアップも出来るなんて、女性は万々歳ですね!

 

\とにかく大きく見せたいなら導〜MICHIBIKI〜を使う!/

 

A、Bカップに見える原因を解消して「サイズ通りの見た目」になろう!

サイズ通りの胸

ここまで、AかBカップなのに何故かカップサイズが大きくなる謎について解説してきましたが、胸のお悩みは解決しそうでしょうか?

 

そもそも日本のバストサイズは時代とともに変化してきたため、実はバストの測り方自体も変わってきているんです!

背中や脇腹のムダなお肉や脂肪を“ぎゅっと寄せ集めてブラを付ける”風習が世間に根付いてしまったため、実際の計測結果よりプラス2サイズしたブラを進められるようになった…なんて説もあります。

その結果、こうした見た目とカップサイズの差がある、という問題を生み出してしまったのかもしれませんね…。

 

一概に「これが原因」とは言い切れませんが、これまでご紹介してきたAカップやBカップの見た目を改善する方法を駆使することによって、カップサイズ通りの見た目を手に入れることができるかもしれません。

どうしてもAカップやBカップに見られてしまうという方は、ぜひ試してみてくださいね!

 

\見た目だけでなく、胸をもっと大きくしたい!/