目次

  1. 1 今からでも大丈夫!卒乳後の垂れ胸もバストアップ
  2. 2 なぜ卒乳後に胸はしぼんでしまうの?
  3. 3 卒乳後の垂れ胸のバストアップに効果がある7つの方法
  4. 4 今からでも遅くない卒乳後のバストアップ

垂れ胸は育児を頑張ったママの勲章です。

愛する彼との愛の結晶を授かって、幸せの絶頂のあなた。

日に日に大きくなるお腹の中のベイビーに話しかけ、指折り数えてやっと誕生の日を迎え、初めての育児に夢中に過ごしてきた数か月。

ふと気づくと、子供の成長とともにだんだんしぼんでいくおっぱい…。

やっと卒乳できて身軽になったと思ったのに、あれほどパーンと張りのあったあのおっぱいは、もう取り戻せないの?

卒乳後、なんだか女性としても、魅力がなくなってしまったんじゃないかと気持ちも沈んでしまいます。

なんとか、あの張りのあるおっぱいを取り戻すバストアップの方法はないのでしょうか?

バストアップ法をみる前に、妊娠・授乳中はあんなに張りがあって大きくなっていたバストが、どうして卒乳後にしぼんでしまうのか、理由を探ってみましょう。

 皮膚の伸び

私たち女性は、妊娠するとおっぱいが大きくなり、だんだん胸が張っているような感じになります。

大きさも張りも、妊娠前とは別人かと思うほど大きく豊かになり、なかには2カップ以上大きくなる人もいるそうです。

そう、期間限定のバストアップ。

そして授乳期間を経て、卒乳後になると胸のサイズも少しずつダウン。

産後1年くらいで妊娠前と同じくらいのサイズに落ち着いていくようです。

ただサイズは同じくらいに落ち着いても、形や張り、ラインは残念ながら妊娠前とは変わります。

個人差はありますが、しぼむという表現があうかもしれません。

中身はしぼんでも、伸びてしまった皮膚はなかなか元通りには縮みません。

この皮膚の伸びが、おっぱいが垂れる原因となるのです。

 授乳中に下へ引っ張られる

授乳中は赤ちゃんに吸われた乳首を引っ張られているような状態が続きます。

しかもいったんバストアップした豊満なおっぱいですから、ただでさえ下に行きがちですよね。

赤ちゃんを抱っこした姿勢での授乳では、よけいに下向きに引っ張られます。

このほかにも子育てでは、オムツを替えたり抱っこをしたり、という前屈みの姿勢をとることが多くなりますよね。

授乳で下に引っ張られる上に、前かがみの姿勢の連続で血液やリンパの流れが悪くなってしまい、代謝が悪くなることでハリが失われます。

結果として、卒乳後のバストのしぼみにつながってしまうようです。

 クーパー靭帯

最後に、バストラインを支えるクーパー靭帯があります。

このクーパー靭帯は、一度伸びたり切れたりしてしまうと再生は不可能と言われています。

そう、バストアップのカギを握るのがこのクーパー靭帯といってもいいかもしれません。

ところが、妊娠・授乳で大きくなったバストの重みで伸びてしまいます。

また授乳中は、授乳しやすいゆったりしたブラや服装で過ごすことが多いもの。バストラインのキープなんて頭にありませんよね。

その結果、クーパー靭帯も伸びて、結果バストラインを支えられず垂れた胸になってしまうのです。

授乳中にも原因が・・・

愛しいわが子を授かり、毎日忙しく育てている間に実は垂れ胸にまっしぐらの生活を送っていた私たち・・・。

あの、綺麗なバストラインを取り戻すにはもう手遅れなのでしょうか?

いいえ、今からでも大丈夫です。

卒乳後の今からでもバストアップできる方法がありました。

調べてみましたのでその方法をお伝えします。

バストアップ法その1~よい姿勢

さて、1番手軽に、そしてすぐに、道具も何も用意せずに今すぐにできるバストアップがこの「よい姿勢」です。

姿勢がいいと、それだけでバストアップして綺麗に見えるのです。

逆に猫背で姿勢が悪いとバストアップもしにくいですし、胸のラインが綺麗に見えません。

その理由は、姿勢が悪いと血液などの流れが悪くなってしまうからです

姿勢を改善するだけでで、体全体の血液の流れが良くなります。

それによって、代謝がよくなり、体に必要な栄養も運ばれやすくなります。

正しい姿勢のチェック方法を調べてみました。

あなたはどれくらいできていますか?

・両足のかかとを付けて、壁に頭、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとを付けるように

して立ちます。

これが正しい立ち姿勢です。

日頃の自分の立ち姿勢と比べてみていかがですか?

この頭からかかとまでの一直線のラインを忘れないようにしてください。

※壁がないところでは、横からみて耳、肩、骨盤、膝、かかとが一直線に

なっていることを、鏡などを使って意識してください。

 バストアップ法その2~食べ物

毎日口にする食事。

日々食べたもので私たちの体は作られています。

外からだけでなく、バランスの取れた食事でもバストアップは可能なようです。

その大事な栄養のひとつめは【タンパク質】。

体の基礎となる最も重要な栄養素です。

建物で言うと材料ですね。

豆腐、納豆など豆類、卵、乳製品、お肉などに多く含まれています。

特に豆類などは女性ホルモンの分泌にも効果的かもしれませんね。

次に【ビタミンA】です。

タンパク質と結びついて肌の粘膜を強くする働きがあるので、バストにハリを与え、弾力のある胸が期待できそうですね。

ホウレンソウ、ニンジンなどの緑黄色野菜、レバー、いか、うなぎ、鮎などに多く含まれています。

そして【ビタミンE】。

細胞の酸化を抑制し血行を促進し、乳腺を活性化させると言われています。

ひまわりの種、落花生などのナッツ類、大豆油、米ぬか油、いくらなどに多く含まれています。

大事なことはバランスです。

これらの食材を取り入れながら、バランスのとれた食事をぜひ実践して、卒乳後のバストアップをかなえてみましょう。

 バストアップ法その3~おっぱい体操

よい姿勢、食べ物の今すぐにできる2つのことの次は、少しだけ努力がいりそうですが「おっぱい体操」というケアを見つけました。

元助産師の神藤多喜子さんが考案したというおっぱい体操。

おっぱい体操でキレイなバストラインが手に入れられそうです!

体操というと大変そうですが、動画をみてみるとわりとすぐに出来そうです。

簡単にポイントをお伝えしますので、ぜひバストアップにトライしてみましょう!

☆おっぱい体操ポイント

1日1回で効果的

・1回が10分程度

・回数よりも毎日続けることが大事!

つねに左からスタート

※左右でリンパ液の流れが違うため、心臓がある左側から行った方がより効果的です。

ではさっそくスタート。

1.おっぱいはずし

・胸筋や側胸筋にはりついているおっぱいの靭帯を、親指以外の4本の指を使ってはがしていきます。

※詳しいやり方は動画をご覧ください。

2.肩や脇などおっぱい周辺のストレッチ

3.おっぱいゆらし

・片方づつてのひらで小刻みにおっぱいをゆらす。

※1秒間に3回のリズムで10秒間揺らすのが効果的だそうです。

4.両手でおっぱいゆらし

・両手でおっぱいを中央に寄せて、下から上に持ち上げてゆらす。

※これも1秒間に3回のリズムで10秒ほど揺らします。

文字でみると少し難しいけれど、慣れれば簡単にできそうですね。

おっぱいが大きい人以外にも効果があるそうです。

クリームなどを使ってやるのも効果がありそうですね。

 バストアップ法その4~筋トレ

おっぱい体操の次は、筋トレです。

バストのほとんどは脂肪ですが、胸を支えている大胸筋を鍛えることで

胸が垂れることを防ぎバストラインをキープできます。

また、妊娠中は運動も制限されるので筋肉がなくなり、余計に胸が垂れてしぼんでしまうことも考えられます。

ぜひ授乳が落ち着いた時期や卒乳後すぐが取り組むチャンスです。

次の2つの運動をご紹介します。

【合掌のポーズ】

背筋を伸ばし手のひらを胸の前で合わせ、息をゆっくりと吐きながら、中心に向かって押し合います。

深く長く吐ききることを意識してみましょう。

このとき肘の角度は約90度に保つことを意識してください。

ヨガのポーズでもこの合掌のポーズがありますが、覚えれば日常すぐにできるものですね。

合掌のポーズ

【腕立て伏せ(プッシュアップ)】

膝を床に立てて、腕は肩幅よりやや広めに開いて行います。

呼吸をとめないようにし、腕ではなく胸の筋肉を意識して行ってみてください。

腕力のない人は、立ったまま壁に向かってやるのもいいでしょう。

 バストアップ法その5~ダイエットしない

次は、「え~?!そんなこと?」と驚かれるかもしれませんが、ダイエットしないことです。

先ほど、バランスのとれた食事の大切さはお伝えしました。

実は、バランス以前にそもそもダイエットで食べる量が少ないとバストアップは難しいのです。

なぜなら豊かなおっぱいには、ある程度の脂肪も大事だからです。

バストアップを目指す卒乳後のあなたは、ダイエットはしばらくお休みですね。

 バストアップ法その6~ブラジャーの見直し

次に意外や意外、日頃つけているブラジャーの見直しです。

卒乳後に限らず、最近はブラトップなどでらくちんに過ごすのも人気ですよね。

でも、あれはキャミソールのかわりに着るもので、ブラジャーの替りにはなりません。

バストアップを目指す私たちは、自分にあったブラジャーを着けて、しっかりバストをアップしてキープすることが大事です。

まずは、下着売り場できちんとサイズを測ってもらいましょう。

出産前とはサイズも変わっているでしょうから、まずはしっかり採寸してもらって自分に合ったサイズのブラジャーを選びます。

 バストアップ法その7~女性ホルモンの補充

毎日の食事で補えない分は、サプリメントの力も借りましょう。

女性ホルモンといえば、エストロゲンが有名ですね。

エストロゲンの働きは、

・肌にハリやうるおいを与える

・髪につや、こしを与える

乳腺を発達させ、まるみのある女性らしい体つきを作る

とあるため、別名「美のホルモン」と呼ばれています。

また、「プロゲステロン」も女性には大事なホルモンです。

大事なのは、この2つのホルモンのバランスのようです。

ただ、女性ホルモンを取り入れる場合は、あなたの年齢が重要です。

35歳以下であれば本来は十分にホルモンが分泌されているはずです。

35歳より上の年齢のあなたは、ホルモン分泌減少もしくはバランスの乱れがあるかもしれません。

大事なのは自分がどんな状態なのかを知ることです。

血液検査でホルモンの状態はわかるので、今の状態を調べてから賢く取り入れることが大切ですね。

バストアップサプリと言えばやっぱり、「ベルタプエラリア」です。

最高ランクのAAAの認定を受けた最高品質のプエラリアを高配合で女性ホルモン(エストロゲン)を活性化し、バストアップを促します。美容成分も配合で女性らしい身体へと導きます。

そして無添加だから安心です。徹底したお客様サポートでさらに安心です。

卒乳後のバストも諦めなくて大丈夫。これからバストアップを目指していきましょう。

ハリのある毎日を。

卒乳後のバストアップ~今からでも間に合う7つの方法を見てきました。

いかがでしたか?

よい姿勢を保つことや食事のバランスに気をつけることなどは、卒乳後の今だけ気をつけるというよりは、健康と美容のためにずっと続けていきたいものですね。

今すぐにお金をかけずにできることもありましたね。

ぜひ、卒乳後のあなたも今からでも大丈夫!間に合います。

7つの方法のうち、1つからでもさっそく実践してみましょう。

女性の陥没・扁平乳頭改善のために作られた専用クリーム
PR

昔に比べ現代女性は、食生活の充実や身体的な発育の早熟傾向により、乳腺の成長より乳房の成長が早くなるなど、陥没・扁平乳頭比率は高まってきています。特に深刻なのは母乳授乳が困難なケース。大きな原因の一つが陥没乳頭なのです。陥没乳頭を完治するため今まではクリニックでの切開手術が必要でした。国内に18歳から45歳までの女性は2000万人程度いらっしゃいます。その中で10%ほどが陥没・扁平乳首症状が認められるとも言われておりますので、該当者約200万人の女性がこの画期的なピュアナスクリームの誕生で簡単に自宅でご自身で陥没・扁平乳首改善ホームケアができるようになります。今なら専用吸引器を無料でプレゼント!

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム
ピュアナス陥没乳頭改善クリーム

ピュアナス陥没乳頭改善クリーム


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。