産後・授乳後にしぼんだ胸を大きくするバストアップ法まとめ

産後・授乳後みるみる胸がしぼんでいった…!!

 

妊娠時に一時とはいえ、大きくなった胸がみるみるしぼんでいってしまい立派に垂れてしまったという方も多いのではないでしょうか。

垂れたり、しぼんだりした胸は子育ての立派な勲章なのですが、美を追求する女性にとっては放っておけない問題ですよね。

今回は、産後や授乳後にしぼんでいった胸を大きくする方法を紹介しますね。

授乳

 

 

産後・授乳後に胸がしぼんでしまう原因は?

妊娠・授乳中はあんなに大きくハリのあった私の胸。

授乳後、だんだんしぼんでしまうのはなぜ?

そう疑問に思う方も多いかと思います。

詳しく理由を説明していきますね。

 

女性ホルモンプロラクチン

妊娠・出産後おっぱいはどんどん大きくなったのは、ある女性ホルモンが影響していたのです。

それは、プロラクチンという女性ホルモンです。

プロラクチンは、母乳を生成する働きがあるホルモンなのですよ。

このホルモンが増加すると乳房の中にある乳腺で母乳が生成されるのです。

赤ちゃんがおっぱいを吸うと脳下垂体がプロラクチンを放出し、「母乳をどんどん作りなさい」と命令するのです。

その為授乳中は、胸が大きくなっていきます。

しかし、授乳後、悲しいことにプロラクチンは分泌されなくなります。

そうすると乳腺が衰退してしまい、胸がどんどんしぼむ結末になってしまうのです。

 

乳腺

 

脂肪の減少

妊娠・授乳中に乳腺が発達すると、乳腺を守ろうと周りに脂肪がついていきます。

(胸に着く脂肪には、大事な役割があったのですね)

授乳後、乳腺はあかちゃんのおっぱいを作る役目が終わり衰退しまいます。

乳腺が衰退してしまうと、その周りについていた脂肪も役目が終わってしまいしぼんでしまいます。

その結果、胸全体がしぼんでいくというわけなのですね。

胸

 

≫女性ホルモンを活性化してバストアップサプリがあります。

<べルタプエラリア>

 

クーパー靭帯の影響

バストは、乳腺・脂肪・クーパー靭帯でできています。

乳房は、ほとんどが脂肪でできていて、乳房には筋肉がないのです。(大胸筋は、乳房の下にあります)

筋肉にかわって乳房を上に引っ張っているのがクーパー靭帯なのです。(筋肉と乳腺をつないで垂れるのを防いでくれている靭帯なのですよ)

妊娠して胸が大きくなると胸を支える為にピーンと張ったクーパー靭帯は、卒乳され胸が小さくなると切れる手前の伸びきった状態になっているのです。(重みに耐えれなくなり靭帯が伸びてしまうから)

一度伸びたクーパー靭帯は脂肪や乳腺のように縮むことはなく、伸びきった状態のままなんです。

その為、授乳後は垂れ結果、胸がしぼむことになってしまうのですね。

胸の仕組み。

 

【放置危険】産後・授乳後のしぼんだ胸は今すぐ対策!

妊娠すると、胸が大きくなりましたよね?

実は大きくなっただけではなく、形も変わっていっていたのです。

胸の下半分から脇にかけてボリュームがアップし、左右の乳頭の間隔が広くなっていたのに気づきました?

授乳後、胸がしぼむ原因を先ほどご紹介しました。

なんのケアもしないでそのままにしていると、垂れた離れ乳になってしまいます。(コントで出てくるようなおばあちゃんの胸・・・)

そうならないためにも早めに対処しましょう。

 

バストアップ

 

≫産後のバストを支えてバストアップするのがナイトブラ「Viageビューティーアップナイトブラ」

<早速チェックしてみる>

産後・授乳後の胸を大きくする方法【筋トレ編】

胸の土台は大胸筋、小胸筋といった筋肉、その上に、乳房(脂肪&乳腺)といった作りになっています。

妊娠中や産後は、運動なども制限されている為、筋力が衰えてきています。

そのまま産後を迎えるのですから、胸の土台になっている筋肉も衰えてしまっているのです。

まずは、筋力を戻すためにも、体に無理のない筋トレを行いましょう。

筋トレ①合掌のポーズ

1日1回でもよいので、決まった時間に行うことがポイントです。

  1. 背筋をの場して両手を合わせる。
  2. 胸に力を入れる。
  3. 顔の前まで腕を上げて5秒キープする。
  4. そのままおへそまで手を下げて5秒キープ。

簡単ですよね。

動画をアップしていますので、見ながらコツをつかんでくださいね。

 

筋トレ②前島式

  1. 床に座ります。
  2. 親指を上に手を組み頭の上へもっていきます。
  3. 肩甲骨同志をくっつけるように肘を寄せ、胸を前に突き出します。
  4. 椅子に座り足を組みます。
  5. 右手は椅子の背もたれ、左手は足に置き、膝を抑え込むようにねじります。
  6. 床に寝ます。
  7. 脇の付け根を揉みほぐす。

以上ワンセットを毎日実施することで大胸筋・小胸筋のトレーニングになります。

こちらも、動画を見ながらやってみてくださいね。

 

産後・授乳後の胸を大きくする方法【マッサージ編】

授乳後のバストアップマッサージで特に重要視する事はなんでしょう?

それは、血行と共にリンパの流れをよくすることです。

産後・授乳後は、通常時と違ってホルモンバランスが崩れていることが多いのです。

(妊娠・授乳中だけに分泌されている女性ホルモンから、通常の女性ホルモンに切り替わる為)

リンパの流れをよくすることで、全身に栄養が行きわたりホルモンバランスを整える効果もあります。

ここでは、リンパの流れをよくするマッサージをご紹介していきますね。

 

①産後・授乳後リンパマッサージ(全身)

まずは、産後・授乳に疲れている全身のリンパの流れをよくしましょう。

  1. 鎖骨のくぼみをプッシュ
  2. 足の付け根を上から下へなぞる
  3. 膝の裏側を揉みながら、もう片方の手のひらで膝外側をなでる×5回
  4. くるぶし下のくぼんだ部分をプッシュ
  5. 尾骶骨より深い位置から腰に向ってV字に肉を引き上げる
  6. 足を肩幅に開き、腰の中央に手を置きそのまま前に向って手を移動
  7. 手の指を一本ずつ引っ張っていく
  8. 手のひら中央、手首内側、ひじ外側のくぼんだ部分をプッシュ
  9. 脇のリンパ節をグリグリほぐす
  10. 肩甲骨部分からウエストまで背中から前へ脂肪を引き寄せる
  11. 頭を包むように10本の指を置き頭皮を指圧
  12. 最後に大きく深呼吸

1日1セットでOK。慣れるまで動画を見ながらマッサージしてくださいね。

田中宥久子のリンパマッサージ

 

②産後・授乳後リンパマッサージ(バスト周辺)

1日慣れてくると1分でできるマッサージをご紹介します。

入浴中体を洗いながらや、入浴後にボディークリームなどをつけて行うのがおすすめです。

  1. 人差し指から小指の4本指で鎖骨から下へ、そこから脇へとなぞる。左右10回ずつ
  2. 胸と腕の付け根にあるリンパが集中している部分を、人差し指と中指のこぶしを使い痛くならない力でグリグリおす。左右10回
  3. 手でバストさすりあげる。左右10回
  4. 両掌で胸を包み込むように優しくさする。左右10回
  5. 手で胸をさすりあげる。左右20回
  6. 両手で右上から胸を1周するようにさする。左右10回

毎日1セット実施する。

原 志保さんのバストアップマッサージ

 

≫「マッサージするなら「ベルタアップジェル」がおススメ。

「ベルタプエラリア」との併用でGOOD!<詳しくはこちら>

1ヶ月で胸を大きくする方法【ブラジャー編】

ブラジャーがなぜ重要になってくるのか?

産後体重は、戻っても体型はもどらないからです。

垂れてしぼんだまま胸を放置しておくと、だら~んと垂れ、脇や背中にお肉が流れ悲しいスタイルになってしまいます。

サイズのあったブラジャーをすることで、脇や背中にお肉が流れるのを防ぎます。

また、胸は形状記憶が働くので、適正な位置に日々胸を整えてあげることが必要なのです。

ブラジャーの正しいつけ方、ナイトブラについて下記にてご紹介しますね。

ブラジャーの正しい付け方

  1. 肩ひもを両腕に通し、前かがみ状態で乳房のふくらみをカップにあて、ホックを止める
  2. そのままの姿勢で、バスト脇の肉を寄せてカップに収める
  3. 上体をおこしカップの中にバストをすっぽり収める
  4. ブラのトップ位置が脇の高さのすぐ下にくるように肩ひもを調節
  5. アンダー部分が背中の後ろまで、まっすぐで平行になっているかを確認

産後・授乳後は今一度サイズを測り自分にあったブラをつけてくださいね。

 

チーズでバストアップを目指そう!

 

ナイトブラをつける

睡眠時みなさんは、どんな姿勢で寝ていますか?

寝姿勢も胸を大きくすることに係わっていることをご存じですか?

胸を大きくするのに一番良いとされている寝姿勢は「仰向け」です。

始めは意識して仰向けに寝ていても、人間は一晩で4~5回ほど寝返りしているといわれています。

どんな寝姿勢になっても、胸が流れないようにキープするにはどうすれば良いのか?

そこでナイトブラの登場です。

ナイトブラは、寝ている時の姿勢を考えて作られています。

(脇からお肉が逃げないように幅広、背中にホック無、肩に過度な負担がかからないなど)

ナイトブラをつけることにより、寝ている時に胸が大きく動くのを防いでくれるナイトなのですね。

 

ナイトブラ

 

≫ナイトブラと言えば「Viageビューティーアップナイトブラ」。理想のおわん型のバストへ導きます。

楽天ランキング1位!寝ている間バストをホールドします。

<詳しくはこちら>

1ヶ月で胸を大きくする方法【食べ物編】

産後・授乳後は、体力や体の栄養も衰えています。

衰えたままでは、栄養が行きわたらず胸を大きくすることはできません。

バランスよく食べることが一番大事です。

筋トレやマッサージに+胸を大きくする栄養素が含まれた食品を取ることもおすすめします。

ここでは、多少なりとも胸を大きくする栄養素(イソフラボン・ボロン・タンパク質)が含まれた食べ物をご紹介しますね。

イソフラボンを取って女性ホルモンを活性化させよう

大豆には、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれています。

イソフラボンを取ることにより、女性ホルモンを活性&促進さるのですね。

おすすめの食べ物は

  • 納豆
  • 枝豆
  • 豆乳
  • 味噌

などです。

納豆(豆腐味噌汁+豆腐(納豆) おすすめです。

納豆

ボロンをとって胸を大きくしよう

ボロンも、女性ホルモンのエストロゲン分泌を高める働きがある成分です。

ボロンが含まれている食材は

  • キャベツ
  • ヒジキなどの海藻類
  • りんご
  • レーズン
  • アーモンドやピーナッツ

などです。(熱に弱いので生で食べることをお勧めします)

目安として1日3g程度。

  • キャベツ 20グラム位・
  • りんご大1個位

が目安です。

キャベツの千切りにわかめトッピングのサラダorひじきと油揚げの煮物orリンゴ大1個

などだと毎日無理なく食べれる量だと思います。

キャベツ

 

≫「ベルタプエラリア」の主成分はプエラリア。大豆イソフラボンの40倍のイソフラボンが

含まれています。その中でもAAAの認定を受けた最高品質のプエラリアを高配合。

だから効果が期待できるのです。美容成分も配合されバストだけでなく女性らしいからだに

導いてくれます。

<詳しくはこちら>

 

 

良質なタンパク質で胸を大きくする

タンパク質は、私たち人間のなくてはならない栄養素です。

特に、産後・授乳後は赤ちゃんに大半の栄養分がとられ、お母さんの体は栄養不足に陥りがちです。

栄養が足りていないと胸が大きくなりませんし、倒れてしまっては元も子もないですよね。

お勧めのタンパク質は

  • 鶏肉
  • まぐろ
  • 牛乳
  • チーズ・ヨーグルト
  • 大豆類

です。

豆乳鍋だと体も暖まりますし、食べやすいですね。

豆乳が苦手でしたら、納豆チーズオムレツや、鶏肉のチーズグラタンなどはいかがでしょう。

朝食

 

胸を大きくするために、できることから始めよう

産後・授乳後、なぜ胸がしぼむのか、しぼんだ胸を大きくする筋トレやマッサージ、食べ物についてご紹介してきました。

全部できるのが一番の近道ですが、そんなのは子育てしながらは厳しいですよね。

ご自身の体調や、ライフスタイルにあったことから初めてくださいね。

何事も無理は禁物ですよ。

 

≫ナイトブラ「Viageビューティーアップナイトブラ」は抜群の伸縮性で着心地◎

3D補正で脇や背中の余分なお肉をバストへ導きます。女性の美しいボディへ。

<Viageビューティーアップナイトブラの公式ページはこちら>

 

≫「ベルタプエラリア」は、メディアで取り上げられ喜びの声がたくさん寄せられています。

バストアップの効果が期待できる最高品質のプエラリアを高配合だからこその実績です。

<ベルタプエラリアの公式ページはこちら>