目次

  1. 1 産後も体型維持したいならママモデル御用達の補正・矯正ブラを使おう!
  2. 2 ママモデルが実際に愛用している産後の補正・矯正ブラはコチラ
  3. 3 産後も体型維持したい人に、補正・矯正ブラが人気な理由
  4. 4 産後は授乳ブラをするべき?補正・矯正ブラはいつから付けていいの?
  5. 5 【産後の時期別】補正・矯正ブラの選び方のポイント
  6. 6 産後も体型維持に補正・矯正ブラを付ける際の注意点
  7. 7 【番外編】補正・矯正ブラにプラスすると効果的!産後の体型改善方法
  8. 8 産後は補正・矯正ブラで胸のケアをしていつまでもキレイなママに♪

妊娠・産後に体型が戻らなくなった、崩れてしまったとお悩みのママさんは多いかと思います。

運動をしたりエステに行きたいけれど、育児にも追われて自分のために使う時間がない…。

だけど産後の体型をなんとかしたいという人には、補正・矯正ブラを着けることをオススメします!

補正・矯正ブラなら、忙しい育児の間に着けているだけで産後の体型改善をすることができちゃいます。

産後の体型改善のためのアイテムや補正・矯正ブラがたくさんあって迷うという人のために、参考にしやすいママモデル御用達の補正・矯正ブラをご紹介します。

産後の体型に悩む人は、モデルや芸能人も同じです。

実際にママモデルが産後に着用してブログなどでオススメしている補正・矯正ブラをご紹介します。

向山志穂さんはリラリッチビューティーメイクナイトブラ

まず一人目は向山志穂さん。

ファッション雑誌「EDGE STYLE」の元専属モデルで、旦那さんは俳優の市原隼人さんです。

2014年に赤ちゃんを出産しています。

そんな向山志穂さんが産後着用し、ブログで紹介した補正・矯正ブラは「リラリッチビューティーメイクナイトブラ」です。

ドット柄がとても可愛いナイトブラで、4色展開です♪

ナイトブラということで、着けて寝るだけでとっても楽ちんな補正・矯正ブラです。

ほどよくホールド感があって、着け心地が負担にならないのが特徴です。

リラリッチ独自のクロスリフトアップ構造で、寝ているときでもバストが横に流れてしまわないようになっています。

取り外しのできる厚めのパッドで、しっかり産後のバストを支えてくれる補正・矯正ブラです。

 ほしのあきさんはワンダーボムスリープアップブラ

出展:http://aplus-japan.com

二人目はほしのあきさん。

グラビアで活動し、テレビやCMでも活躍されていてご存知の方も多いですよね。

2012年に赤ちゃんを出産しています。

そんなほしのあきさんが産後に着用したのが「ワンダーボムスリープアップブラ」という補正・矯正ブラです。

ワンダーボムスリープアップブラも、寝るときにもバストが崩れてしまうことを防いで綺麗なバストへと導いてくれる補正・矯正ブラなんです。

寝返りをうってもずれにくいように幅広のストラップなのが特徴で、しっかりホールドし、安定感のある着け心地です。

また、ホールド感によって肌にゴムの絞め跡が付きにくいように、ゴム自体も太めになっているのでより安定感もあって締め付け感も気にならない構造の補正・矯正ブラになっています。

 土屋香織さんはLOVELY SHAPE24h脇肉誘導ブラ

三人目は土屋香織さん。

東京生まれ・マレーシア育ちのモデルで、女の子を2人出産しています。

ファッションブランドとコラボした商品を出したりと、女性からも支持されていますよね。

そんな土屋香織さんが産後着用したのが、「LOVELY SHAPE24h」という補正・矯正ブラです。

このLOVELY SHAPE24h、見た目は上の二つと違って普通のブラジャーと同じ感じです。

24hというだけあって、寝る間だけでなく、1日中着用できて、しっかりと産後のバストを整えてくれるのです。

カラーもブラック・ホワイト・ベビーピンクとあって、使いやすい色ばかりなのが嬉しいですよね!

脇の横・上からはみ出すバストもしっかり集めてくれ、支えてくれます。

ノンワイヤーなので寝るときにつけても苦しくなく、まさに24hの補正・矯正ブラなのです。

産後の体型を改善するためには、もちろん食事改善や体を動かしたりすることが大切です。

ただ産後は、育児に追われ、なかなか自分の時間をとることができないのが現実ですよね…。

忙しいママには、着用するだけでしっかり効果がある、補正・矯正ブラが手軽に取り入れられて便利です。

ホールド感があっても、母乳の出具合には負担がないので安心です。

例えば、バストアップのクリームなどは、産後に授乳をしている間は赤ちゃんのためにも使えませんが、補正・矯正ブラならそういった点でも安心できます。

産後の体型改善のため、付けたい補正・矯正ブラですが、いつ付けるのがよいのでしょうか。

付けるのは、産後の体型改善のためにはできるだけ早く付ける方がいいようです。

ちなみに産後に付けるものとして、補正・矯正ブラの他に授乳ブラがあります。

授乳ブラは、産後、授乳しやすいようにブラを下げたりできるようになっています

しかし、これらの授乳ブラは補正・矯正ブラのように、産後の体型改善の効果はそこまでありません。

ですから、産後は授乳も出来る補正・矯正ブラを選びましょう

産後はとても体型が変わりやすくなっています。

産後どんどん変化していく時期に合わせてぴったりの補正・矯正ブラを選んでいきましょう。

出産直後~卒乳まで

産後すぐは、授乳をするためバストのサイズ変化が大きいです。

授乳をするため乳腺が発達するので、その発達を妨げないようにすることと、バストが大きくなり重さで垂れてしまうのを防ぐことがとても大切です。

産後のサイズ変化に対応出来るノンワイヤータイプや、授乳しやすいものを選びましょう。

補正・矯正ブラをしたまま授乳が出来る仕組みになっているものも多く出ています。

乳腺を圧迫しないようにカップが深めのものを選ぶこともポイントです。

 卒乳後

卒乳したあとは、産後の授乳中とは逆に、授乳の役目を終えて乳腺が小さくなっていきます

また、授乳期に大きくなったバストは、重みに耐え切れずに垂れやすくなる状態になります。

バストの垂れとしぼみを防ぐために、ホールド力を重視した補正・矯正ブラを選びましょう。

産後の体型改善のため、補正・矯正ブラは着用し続けることがとても大切です。

産後のママの胸は上でも述べた通り変化しやすいため、サイズが合わない場合は無理に着用してはいけません。

合わない補正・矯正ブラは、逆に形を崩してしまうからです。

フィットしなくなってきたら買い替えることが必要です。

産後の体型改善には、補正・矯正ブラを付けることが大切ですが、プラスでさらに取り入れられる方法をご紹介します。

バストマッサージを行なう

産後の体型改善のため、補正・矯正ブラに加えて取り入れたいこと1つ目は、バストマッサージです。

図のように、内側にバストを回すようにマッサージし、背中や脇の方からバストの中心へ脂肪を流します。

マッサージによってバストがやわらかくなり、脂肪もしっかりバストへと流すことができます

簡単なので、いつでも取り組めそうですよね!

 バストアップエクササイズを行なう

産後の体型改善のため、補正・矯正ブラに加えて取り入れたいこと2つ目は、バストアップエクササイズです。

育児でも大変なので、気軽に取り組めるものがいいですよね。

バストアップの定番で、知っている方も多いと思いますが、合掌のポーズがおすすめです。

補正・矯正ブラで普段からしっかり支えることに加え、合掌のポーズでしっかり大胸筋を鍛えることで、バストの垂れなども防止することができます。

 バストに良い食材を摂る

また、産後の体型改善のため、補正・矯正ブラに加えて取り入れたいこと3つ目は、バストに良い食材を摂るということです。

産後、早く痩せたいという思いから、食事をあまり摂らずにダイエットするママさんもいるようですが、それは母乳の出を悪くしてしまうことにもつながります。

また、産後の育児をしっかりやっていくためにはまず自分が栄養をしっかり摂って、元気に頑張らなければいけません。

産後の体型改善におすすめの食材は、大豆製品です。

バストアップに役立つという女性ホルモン、エストロゲンに似た働きをしてくれるイソフラボンがたくさん入っています

大豆製品なら、豆乳も多く売られているので、気軽に飲んで取り入れることができますね♪

産後は育児にも追われ、なかなか自分の時間がとれず、大変な毎日が続くと思います。

でも、同時に産後の体型改善も、できるうちから始めていかないといけません。

付けたまま綺麗になれる補正・矯正ブラを有効的に活用して、バストを綺麗にしたいですね!

マッサージやエクササイズも少しの時間でできるものばかりですから積極的に取り組み、ずっと綺麗なママでいましょう♪

ナイトブラviageでバストアップをサポート♡
PR

寝ている間のバストは、左右上下に流れたり、押しつぶされたりしています。そんな状態でバストを放置していると、美しいバストはキープするのは難しいでしょう。 viageビューティアップナイトブラは、ノンワイヤーで約3倍もの伸縮性を持つため、お椀型の美しいバストをキープしてくれます。 一度付けると手放せなるほどつけ心地がいいのです。ナイトブラは窮屈でちょっと...と敬遠している人にもオススメです♡

ビューティアップナイトブラViage
ビューティアップナイトブラViage

ビューティアップナイトブラViage


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。