目次

  1. 1 若くても胸って垂れるのかな、、?
  2. 2 20代からでも胸は垂れ始めるって本当?!
  3. 3 20代でも胸が垂れる原因は
  4. 4 胸が垂れない20代女性が実践していること
  5. 5 オススメ!20代から胸が垂れるのを防ぐマッサージ動画
  6. 6 20代で垂れ胸だと30代は絶望です・・・
  7. 7 20代の垂れ乳で悩んだら絶対このサプリ♡ハイスピードプエラリア100
  8. 8 20代で胸が垂れるのを防いで、いつまでもベストな胸を♡

まだまだ若いから大丈夫だと油断している人はいませんか?

20代でも生活習慣によって、胸が垂れてしまうことってあるんですよ。

今回は、胸が垂れるメカニズムと防止するにはどうすれば良いかをまとめました。

残念な胸にならないように参考にしてくださいね。

垂れたりしたら怖いよね、、

https://twitter.com/yonpppa/status/593435698713075712

女子は、ある一定の年齢になると胸が垂れてくることに恐怖を覚えますよね。

つぶやきを見てもわかりますが、みんな半分諦めてしまってます。

私たちには、胸が垂れる恐怖に耐えるしか本当にないんでしょうか?

年齢を重ねていけば、バストの下垂は、ある程度仕方がないと覚悟している人も多いと思います。

しかし、これから彼氏を作って素敵な服を着ておしゃれを楽しむ20代で胸が垂れてしまったら、どうしますか?

生活習慣や合ってない下着などのせいで20代でも胸が垂れてくることがあるんです。

普段何気なくしているあなたの悪習慣が、原因を作ってしまっているかもしれません。

次で胸が垂れてしまう原因をしっかりと見ていきましょう。あなたは、いくつ当てはまりますか?

あなたの日常生活の中で胸が垂れる原因を作ってしまっていませんか

もし、次にあげる項目に一つでも当てはまったら20代とういう若さでも注意が必要です。

過度なダイエット

胸は乳腺と脂肪でできています。

ダイエットするためには基礎代謝を上げて脂肪を燃焼させるのが良いとされていますが、代謝を上げすぎてしまって胸の脂肪まで燃焼してしまうと胸が垂れる可能性があります。

それに20代が陥りやすい過度のダイエットは、ホルモンバランスを崩してしまうことがあるので胸が垂れる原因になりやすいんですね。

授乳による胸の垂れ

おすすめはFbsの光豊胸

赤ちゃんに母乳をあげるとき、胸の底辺に当たる基底部にある筋肉から胸が外れてしまいます。残念なことに一度基底部から胸が、外れてしまうと元には戻りません

すると、基底部から外れてしまい支えをなくした胸は、重力に負けて垂れてしまうのです。

これは、日頃から大胸筋を鍛えておくことで予防ができるそうですよ。

クーパー靭帯が伸びてしまう

胸を支えているもう一つにクーパー靭帯というのがあります。これはゴムのように伸びるのですが、こちらも伸びてしまうと元には戻りません。

日常生活の中でも胸が揺れると少しづつクーパー靭帯が、伸びてしまっているかもしれません。

寝返りを打つだけでもクーパー靭帯は伸びると言われているので、無防備な胸は20代の女性であっても垂れてしまう可能性があるので注意したいですね。

猫背になっていませんか?

最近は、スマホやパソコンを使った作業でつい、猫背になってしまっている20代も多いのではないでしょうか?

あなたは大丈夫ですか?猫背になると胸を支えている大胸筋が弱ってしまいます。

大胸筋が弱ると胸は垂れてしまいますので、胸を張って歩くなど工夫して大胸筋が弱らないようにしてくださいね。

 あなたの胸のタイプは?

胸は乳腺と脂肪でできていることは先述にもありますが、特に脂肪質の胸は垂れやすいとされています。

日本人は、脂肪質の胸の人が多いのだそうです。これはある程度体質なので仕方ないのですが、柔らかすぎる胸の人は、20代の時から胸が垂れないように気をつける必要がありそうですね。

>>4つの3D補正構造で、嫌な脇肉・背肉もぐぐっと集める…

ふんわりバストとスッキリボディを叶えます♪

気になったらこちらをクリック↓

それでも胸が垂れていない女性は、存在します。どんなことを実践すればいいのでしょうか?気になるところを見ていきましょう。

バストアップブラをつける

胸が垂れないように20代からでも付けていきたいのがバストアップブラです。

胸に合わないブラをつけていると、胸は20代でも垂れてしまいますので、まずは自分にあったサイズをきちんと知ることから始めましょう。下着の専門店に行けばちゃんと採寸してくれますよ。

そして、夜寝るときにもナイトブラをつけましょう

これは胸が流れてしまったり、寝返りでクーパー靭帯を伸ばしてしまわない効果があります。

胸をブラでちゃんと支えてあげることが、20代からの胸が垂れないようにする最も効果的な対策と言えるでしょう。

ダントツの伸縮性で着け心地抜群!

だから24時間着け続けられるナイトブラが…

Viageビューティーアップナイトブラなんです♪

 エクササイズで垂れない胸を作る

日常から大胸筋を鍛えておくと、胸は垂れにくくなるので実践してみてくだいね。

出産、授乳を経験した人は特に20代でも胸が垂れてしまう可能性がありますし、加齢とともに胸は重力に負けて垂れていってしまいます。

それを防ぐためにも、常日頃から大胸筋を鍛えておくことをお勧めします。姿勢良く手を振って歩くだけでも大胸筋は鍛えられますので、20代から習慣にしていきましょう。

サプリや マッサージジェルも活用しよう

20代のうちからバストアップサプリやマッサージジェルを活用するのも良いでしょう。

胸が垂れてしまう前にしっかりとサプリやマッサージジェルでメンテナンスしてあげて、出産や授乳そして加齢に対応していける胸に育てていきましょう。

20代のうちから、そういったことに気をつけて行くのが、胸が垂れてしまわないための大切なプロセスだと言えるでしょう。

おっぱい体操

胸が垂れないようにするためのおっぱい体操をご紹介します。

胸は本来あるべき場所にちゃんと導いてあげることが、とても重要です。

リンパが滞らないようにしっかりと胸の周りをマッサージしましょう。

20代からのケアで胸が垂れないように予防することが重要なんですね。

大胸筋を鍛えよう

毎日続けられる簡単エクササイズで大胸筋を鍛えましょう。

20代のうちからしっかりと大胸筋を鍛えることで、胸が垂れるのを予防することができます。

特に簡単で毎日続けられそうなエクササイズを選んでみましたので、参考にしてみてくださいね。

胸が垂れる原因は、寝ている間にケアをしていないからかも!?

胸の脂肪が脇や背中に流れてるって知っていましたか…?

その真相は、Viageビューティーアップナイトブラ公式サイトで解説中→

胸が基底部の筋肉から外れてしまったり、クーパー靭帯が伸びてしまったりすると胸は垂れます。

そして、この二つが要因で胸が垂れてしまった場合は、20代であっても元に戻すのは困難でしょう。

そんなことにならないためにも20代のうちから、胸が垂れないように対策を取る必要があるんですね。

今、バストアップサプリで注目されているのがプエラリアが配合されている商品です。

しかしながら、プエラリアは女性ホルモンに直接作用するサプリメントなので服用する前にどの商品を選ぶのかがとても重要になってきます。

ハイスピードプエラリア100は、製薬会社との共同開発されプエラリアの品質にもこだわった商品なので、口コミの評判も良いので一度試してみる価値はあるかもしれませんね。

授乳で胸が垂れてしまった女性は、バストアップにとても切実です。

特に20代で出産した人は、垂れた胸にとても悲しい思いをしているようですね。

エクササイズやマッサージももちろん大切ですし、出産前にきちんとケアしておくことも重要です。

しかし、それでも胸が垂れてしまったら、サプリの力を借りる選択肢もあるということを忘れないでくださいね!

垂れ胸対策にはナイトブラが◎

寝ている間のバスト、ちゃんとケアしていますか?

何もしていないと、重力のままに横に流れて行っちゃうんです!

だから、垂れ胸予防にはナイトブラがオススメ。

いかがでしたか?

20代でも胸は垂れてしまうと、少し怖い情報もありましたが、ちゃんと知識を持ってケアをしていればその可能性は、グンと下がります。

日常生活に気をつけて、胸が垂れないように素敵な20代を過ごしてくださいね。

ナイトブラviageでバストアップをサポート♡
PR

寝ている間のバストは、左右上下に流れたり、押しつぶされたりしています。そんな状態でバストを放置していると、美しいバストはキープするのは難しいでしょう。 viageビューティアップナイトブラは、ノンワイヤーで約3倍もの伸縮性を持つため、お椀型の美しいバストをキープしてくれます。 一度付けると手放せなるほどつけ心地がいいのです。ナイトブラは窮屈でちょっと...と敬遠している人にもオススメです♡

ビューティアップナイトブラViage
ビューティアップナイトブラViage

ビューティアップナイトブラViage


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。